天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

生まれてくる命、生まれてこない命

カテゴリ:販売作品

昨年、死産を経験した娘さんのために小地蔵さんを注文してくださった方がいらっしゃいます。今年、娘さんに赤ちゃんが生まれたそうです。とてもとてもうれしいです。おめでとうございます。ただ、新しい命がやってきたからといって、生まれてこなかった命の事を忘れるわけではないのです。その子の事は、心の奥の大切な場所へ静かにしまわれているはず。それが浮かび上がってきた時は小地蔵さん・こまりちゃんが救いになってくれま...

続きを読む

ユーザーさんのアート販売

カテゴリ:SHOPのあれこれ

昨日に続き、ユーザーさんの新しい一歩を紹介します。こまりちゃんを迎えてくださった方が、アート作品の販売を始められました。ご自分の中にある光と共に生きたい、その導き・伴走にとこまりちゃんを見つけ迎えてくださいました。見つけてくれてありがとう。全くの独学だそうです。感性のままに描かれる絵は、本当に独創的!ドールやパワーストーンもあります。興味ある方は宇宙の花へ。...

続きを読む

小地蔵さんの使い方 落ち込んでいる時

カテゴリ:非販売品

私の豆蔵さん。相変わらずコロコロして可愛いです。そしてこの表情が何ともユニーク。気持ちが落ち込んでなかなか整わない時、私はこんな風に小地蔵さんを使っています。まずは両手で包み、小地蔵さんのおでこに自分のおでこをくっつけて、「私の中に渦巻いている苦しい思いをぜーんぶ吸い取ってください。」とお願いします。そのまましばらく深呼吸。「このネガティブが私にとっても人にとっても素晴らしいプラスとなりますように...

続きを読む

樹の想いが形になる

カテゴリ:販売作品

以前は「注文者さんが気に入ってくれるお姿に作れるだろうか」と心配したりもしましたが、最近はそういうこともなくなりました。決して心配ないほど技術が上達したからではありません気に入っていただけたらいいな、とは思っているのですが、私が何かをどうにかしなければという意識がなくなりました。私が作るわけではなく、多分、樹の想いが形になるのだと思います。樹に宿る魂・聖なるものが姿を現すという言い方もできます。私...

続きを読む

こまりちゃんリペア

カテゴリ:非販売品

義母に贈ったこまりちゃん(試作第1号)の頭部が大分黒ずんだ感じになっていたので、リペアに挑戦。小さな像ですから表面を1mm削ったら完全にバランスが変わってしまいます。玉ねぎの皮くらいの薄さで表面を削いでいって、年数相応の色にはなりました。制作から6年経過しています。完成時にはもっと色白ですよ。これは6年前の姿。その後は、光の当たる量や触る頻度によって色の変化程度・速度が変わります。今回の場合はそれ以上に...

続きを読む

匂いで合図する

カテゴリ:魂の表現

ゆずの匂いが好きでした。体をクンクン嗅いで「この匂い好き」とやっていると迷惑そうな顔をしていました。ふとした瞬間に、ゆずの匂いがすることがあります。ほんの一瞬。はっとして周りを見ます。そんな時はきっと、「ここにいるよ」と合図しているのだと思います。すぐそばにいるよ、って。ハムスターの時にもたまにありました。それは敷き藁の牧草の匂いだったり、個々の特徴的な体臭だったり。ああ、そばにいるんだなと思いま...

続きを読む

一体一体が特別な存在

カテゴリ:SHOPのあれこれ

青色申告をするために伝票の整理をしています。発送票をチェックしながら、たくさんの仏さまを彫らせてもらったんだなぁと感慨深くしみじみしました。ゆずの余命が点灯してからの1年です。「あとは家で看取ります」と通院を止めてから、まさかここまで復調して長く頑張ってくれるとは思っていなかったですが、その中で平静を保てたのは仏像彫刻のおかげでもあります。特に、人様へお届けする仏さま・慈母像に対しては自分をクリア...

続きを読む

笑顔で看取るために

カテゴリ:販売作品

ゆずを看取るにあたり、私が笑顔でケアできるよう彫ったSmile Maker。暗い気持ちになった時でも、この脱力感満載の顔を見ながら頭をなでると、口元が緩みました。人間ですから、弱気になることもあれば落ち込むこともあります。そんな時はこの子をなでて、おでこをくっつけて、ボヘーっとした顔見てちょっと笑って、体勢を立て直します。そのための「脱力型」です。その意味では優秀。ゆずのケア以前に、私が自分をしっかりメンテ...

続きを読む

すべては人生の糧

カテゴリ:販売作品

こちらは先日ご注文いただいて制作したこまりちゃんです。右袖の辺りに濃い発色があり縦の線が入っています。多分、外から樹皮が入り込んだせいで色が付いたのだと思います。通常、このような木材は切り出した段階で販売用から外すのですが今回は、彫り始めてから出てきたため、ご注文者さんと相談しました。純粋に外観的な問題であること(ゆえに好みを遠慮なく伝えてほしい)時間と共に全体が色濃くなっていくため目立たなくなる...

続きを読む

2022年もよろしくお願いします

カテゴリ:SHOPのあれこれ

明けましておめでとうございます。そういえば昨年は母の喪中だったからこの挨拶はできなかったんですね。今日は仕事始めです。ありがたいことに、年末にご注文いただいて「年明けまで待ってるよ」と言っていただいた小地蔵さん作りが最初の仕事です。最近は、小地蔵さん・こまりちゃんを注文してくださる方が明確に意図を示してくださることが増えました。「~したい」「~を望んでいる」「~のために」など、目的や意図を私にもシ...

続きを読む