天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

合掌白衣観音 ミニ版

カテゴリ:SHOPのあれこれ

以前、下図から制作したオリジナルの合掌白衣観音。そのミニ版を作ってみようと思い立ちました。こちらは友人・美香さん宅のサロンへ嫁いだ6寸白衣観音・合掌(過去記事)。私史上最高のお顔ただ、このままでは細工が細かすぎるので、ミニ版用に簡略化が必要でした。髪と耳飾りは隠してしまって、衣紋も多少減らしてひらひら度合いを抑えます。6寸で作った時の修正を図に反映していなかったため、色々と手探りで。下図から試行錯誤...

続きを読む

初心者向けに変更したらしき痕跡発見

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

9年ぶりに再製作している救世観音。初心者だった9年前には気付かなかったけど今は気付けることがいくつかありました。その中で、面白いなと思ったのがこれ。本においては、粗彫りの段階では足元の衣に返りが付けられているのです。これは菩薩像の衣の足元にあるのと同様。こんなやつ↓ね。観音さまだから付けたのでしょうか。ここに返りがあると知らなければ気付かないくらい薄っすら写っています↓。9年前の私は知らなかったから気...

続きを読む

このカッコよさに共鳴してくれる仲間募集中

カテゴリ:販売作品

松葉畳店さんに依頼して作ったオリジナル小畳。シャープでクール。100円ショップの物と違い、本物の畳用イ草と縁(ヘリ)を使って作られた、本物のミニ畳です。縁テープにはさりげなくシルバーのラメが入って、控えめにキラリと輝きます。小畳ブラック(オンラインショップ)私はとってもカッコイイと思っているのです。が、同じように感じてくれる人になかなか出会いません。女性にはウケないだろうことは承知しています。でもね...

続きを読む

やっぱり物創りが好き

カテゴリ:SHOPのあれこれ

彫刻に集中するため座布団と携帯用ポーチを外注すべきか…と悩んだ時期もありましたが、今も自分で作っています。最近はオーダーメイド以外の小仏さまを完成品の販売としたことで時間が使いやすくなり、布小物に手をかける余裕ができました。そうやって、以前作った物で納得いかない物を作り直したり修正したりしています。一番出来の良い物から出荷しているため、ずっと残っている物もあるから。そしてしみじみ思うのです。私は物...

続きを読む

矛盾を生きていると人に信用されない

カテゴリ:魂の表現

もうだいぶ時間も経ったので、学んだことのひとつとして書かせてもらいましょう。まだ開業前、小地蔵さんを開発中だった頃の話です。友人知人の皆さんに試作品を欲しい人がいないか聞いていました。ある人が欲しいというので彫らせてもらいました。が、いつまで経っても受け取ろうとしません。取りに来られないなら郵送するよ、と言っても「行く」と断るし、でも全然来る様子もないし。もし必要でなくなったならそれでもいいよ、と...

続きを読む

動物仏さまの創り方

カテゴリ:販売作品

1体ずつ違うので形状については省きますが、問い合わせから発送までこんな感じで進みます。7~10日くらい(土日祝の休業日含む)でしょうか。問合せ返信読んで購入手続き(オンラインショップ)質問フォームに回答、または私がメールで質問するのに回答作図OKなら支払い制作開始(制作状況の報告や確認メール)発送まずは問合せ。商品ページには「希望の動物を作れるかどうかお問い合わせください」と書いてあります。犬の場合は犬...

続きを読む

注文後制作廃止

カテゴリ:SHOPのあれこれ

しばらく休止とした注文後制作ですが、今後は小地蔵さん・こまりちゃんについては完成品の販売にすると決めました。動物仏さまの制作のみ、オーダーメイドという形で年1~2体を受けようと思います。ここから先は私個人の事情ですので、興味ない方はスルーでお願いします。私は関わる人が苦しさや絶望感といった強い感情を抱えているとそれに共鳴し、吸い取ってしまいます。これはもう体質みたいなものなので止めることはできず、で...

続きを読む

サポーター気質

カテゴリ:SHOPのあれこれ

高校時代、女子バスケ部にも男子バスケ部にもマネージャーが複数いました。で、彼女たちの進路が全員(私の学年ですけど)、医療職でした。マネージャーになる人って、既にサポーター気質だったんだなと今更ながら思います。うち(女バス)のマネージャーなんて、運動神経良かったんですよ。元陸上部で、50m走だけなら部活でトップを争うくらい(笑)。なぜこの人が自分で運動せずに人の世話をしているのだろう、とたまに不思議に...

続きを読む

変わる覚悟

カテゴリ:販売作品

私の作品を見て「可愛い!」と言ってくださる方はたくさんいます。デザインには心血注ぎましたから。そりゃ可愛いに決まってるさ。←自慢?でも、可愛さに惹かれた人は値段を見てびっくりして去っていきます。可愛い置物だったら出せるのはせいぜい数千円でしょうか。私の小仏さまは一桁違いますからね…。廃材のトリミングから始まって全て手作業だから、というのはもちろん値段に反映されています。手間暇かかってます。が、この値...

続きを読む

動物仏さまの白毫(びゃくごう)の位置

カテゴリ:販売作品

動物仏さまを創るにあたり、仏の印である白毫を鼻の代わりにしているのは毎度のことです。これ、最近気付いたのですが、白毫の位置は通常の小地蔵さんと同じ位置でした。目をその下に持ってくるか(小地蔵さん)、上に持ってくるか(動物仏さま)で鼻に見えたり見えなかったりするだけでした。いやー、びっくり。自分の中では白毫の位置を下げているつもりだったんです。なのに、並べてみたら同じ高さにありました。仏の印は動かし...

続きを読む