天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

ヒノキの家になれなくても

カテゴリ:小地蔵さん

やっと少しずつ、減っていた小地蔵さんたちの補充に向けて作業を始めました。といっても本当に亀のような歩みですけど。なんせまだ3日に1回数時間ずつしか彫れないので。久々に小地蔵さんを作りながら改めて思います。ヒノキの家になれなかった端材たち、仏になれたらうれしいよね?季節もの以前、平等院のミュージアムで見た古い仏像。一般的に仏像にはサイズや配置の決まり事がありますがその仏像は元の木の形に合わせて作られた...

続きを読む

少しずつ動き始めたいが…

カテゴリ:SHOPのあれこれ

オンラインショップ・Creema 共そろそろ在庫切れが増えてきまして、作って補充したいなぁと思いつつ、なかなか思うように手が動かなくてもどかしい毎日です。以前と比べたら手の機能的には50%くらいかな。それでも、彫りたいなぁ。現状で彫り始めるなら機械の力を借りないと難しい。粗彫りではミニルーターを導入することも考えています。できる事なら全て手作業でやりたいですが、それをしたら手が完全に壊れそう。指先に力を入...

続きを読む

傾きに気付く時

カテゴリ:SHOPのあれこれ

注文後制作について、ずっと悩んでいます。小さな仏さま作りを「仕事」として認識して以降、「暮らすこと」から小地蔵さん達が分離してしまいました。それだけならまだしも、特にオーダーメイドに対しては、自分で自分にとんでもないプレッシャーをかけてしまって。期日(といっても私が心の中で決めるのだけど)までに仕上がるだろうか、更には注文してくれた人が納得して気に入ってくれる物が作れただろうかと考えるだけで、心拍...

続きを読む

座布団一丁

カテゴリ:SHOPのあれこれ

裁縫は面白いと思うけれども技術的には初級です。とりわけ手縫いは…ね。それでも、得意とは言えないながら必要に応じて必要な物を作ったりします。小毬ちゃん付属の座布団も、決して好んでやっているわけではなく、ただ小毬ちゃんにはこれが合うから・必要だから作っています。これがなかなか難しい作業でして…私には。金襴という生地は扱いが難しいですね。人から譲り受けた雛人形の工房で使っていた金襴は見た目だけでなく生地も...

続きを読む

削りかすは煩悩…!?

カテゴリ:小地蔵さん

宗琳さんの本だったように思うのですが、教室で誰かから聞いたのかもしれません。仕上げで出る削りかすは己の煩悩。煩悩をそぎ落とすように、丁寧に薄く削っていくこと。できるだけきれいにしましょう、と。これは仕上げを丁寧に行うための教えなのかも。小地蔵さんをなでて気持ち良いよう頭をつるつるに仕上げるのは私のこだわりでありますが、自分の煩悩がお客さんの所へ行ってしまっては申し訳ないので削りかすを残さないよう、...

続きを読む

仏像がつり目なのにも理由がある

カテゴリ:小地蔵さん

仏像の目はつり目です。目尻がしっかり上がっています。そういうものなのだろう、くらいにしか考えたことはなかったのですが、先生が理由を説明してくれました。目の形というのは見る位置により違って見えます。仏像は通常、高い位置から人を見下ろすもの。最初から普通の目に作ってあると、人が下から見たらひどくたれ目になってしまって締まりがない顔になってしまうから。そういうわけで、見上げた状態でちょうどよい程度に目尻...

続きを読む

金襴(きんらん)

カテゴリ:こまりちゃん

仏像彫刻仲間をきっかけに始まった小毬ちゃんの座布団。硬くてほつれやすいけれども華やかで美しい布です。最初はこの布って何だろうと思っていたのだけど、金襴という帯地でした。♪金襴緞子(きんらんどんす)の帯締めながら花嫁御寮(ごりょう)は何故泣くのだろ♪と「花嫁人形」で歌われたのはこの布だったのですね。Oriet Kyotoさんの金襴は品のある美しい柄が揃っています。天先案内人の活動を始めなければ扱うこともなかった...

続きを読む

小毬(こまり)ちゃん

カテゴリ:こまりちゃん

慈母を表現した小毬ちゃん。基本の形が決まり、販売用の作品を作っています。きっかけを与えてくれたクリスチャンの友人に試作品を贈りました。「マリア様に何てことを!」と怒られたらどうしよう…と少しだけ心配したのだけど、喜んでもらえて良かったです。他宗教のことは勝手がわからないのでドキドキしますね…。いえ、仏教も分からないですけど(^^;さて、新しいショッピングカートをそろそろ仕上げないといけません。小毬ちゃん...

続きを読む

端切れの端切れ

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

この半年で木取りした端切れ。10㎏はありました。沢山彫ったんだなぁとちょっと感動。 小地蔵さん制作にあたり利用可能な木材は元の端材の3割ほど。可能な限り使い切ろうとしていますがこれが精一杯です(過去記事)。こうして残った端切れの端切れは薪ストーブの燃料にしてもらうか、自治体で回収してもらいチップに再生されます。本当は先月に薪ストーブのある宿へ犬連れで泊まりに行く予定でしたが犬の体調が悪くなってそれど...

続きを読む

残留決定

カテゴリ:小地蔵さん

合掌した携帯用小地蔵さんを作っていて、あとは頭をつるつるに仕上げるだけ!というところまで来て気付きました。頭に割れが入ってる…。しかも2か所も。これは…収めてやるべきか?いやでも顔がすごく好みにできたし、ここまで手間暇かけて完成間近なのに燃やすのもなぁ。携帯用は小さいのと台座がくっついていて作業しにくいのとで、標準型と台座を別々に作るより大変なのです。結果、見本として家に残ることとなりました。今後は...

続きを読む