天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

岡山で小地蔵さんとダックス地蔵さんに再会

カテゴリ:雑記

友人が誘ってくれて岡山へ。岡山市周辺2日間、倉敷周辺1日。豆蔵さんがお供兼用心棒(?)として付いてきました。私は初めての宿では全く眠れないので(お目目パッチリ覚醒状態です)、友達と泊りの旅行ができませんでした。ここ20年くらいの話です。昔はそんなこと全然なかったのだけど。でも、部屋を別々に取る案に友人が賛成してくれたおかげで念願叶いました。最初の岡山市周辺2日間は、友人と仲の良い・かつ小地蔵さんユーザ...

続きを読む

仏像では癒されない段階もある

カテゴリ:販売作品

私の作品は小仏です。それを手に取り、なでたり話しかけたりすることで心を落ち着かせ、今日を生きる力を引き出したり穏やかな精神状態を保つことのお手伝いをしています。これって実は、自立的な手法です。仏さまが直接何か言ってくれるわけでもないし、ただそれを持つ人が信じて安心することにより叶うもの。仏さまは自身の力を引き出すお手伝いをしているのです。ですが、それでは癒されない人もいます。感情の渦に巻かれている...

続きを読む

私には持てない動物仏さま

カテゴリ:魂の表現

ゆずがいなくなって半年。今でも寂しいです。ゆずがいた時間が遠く遠く過去になった気もします。私は動物仏さまを自分のために持ちません。その代わり、ゆず亡き後、自分のサポート用に豆蔵さんを創りました。毎朝、アファメーションノートを書きながら豆蔵さんをなでてお祈りします。なんで犬の形を持たない小地蔵さんなんだろう、動物仏さまに心が向かわないのは何故だろう、とうっすら感じていました。それが、最近分かりました...

続きを読む

動物仏さまの白毫(びゃくごう)の位置

カテゴリ:販売作品

動物仏さまを創るにあたり、仏の印である白毫を鼻の代わりにしているのは毎度のことです。これ、最近気付いたのですが、白毫の位置は通常の小地蔵さんと同じ位置でした。目をその下に持ってくるか(小地蔵さん)、上に持ってくるか(動物仏さま)で鼻に見えたり見えなかったりするだけでした。いやー、びっくり。自分の中では白毫の位置を下げているつもりだったんです。なのに、並べてみたら同じ高さにありました。仏の印は動かし...

続きを読む

動物仏さまを動物にしない理由

カテゴリ:販売作品

キリスト教の宗教画や像を見ると分かるのですが、人の形をしていても聖人は、あえて人間とは違うことが分かるように描かれています。人間として描いてしまったらもう「聖」ではなくなってしまうから。この感覚、分かりますか。人という存在は浮世にまみれているのです。仏像でも人間とは違う形になっています。人間でこの形状はあり得ないよね、と分かる像も結構あります。肩の位置や左右対等や額の白毫など色々と、人間の彫像とは...

続きを読む

ダックス地蔵さん第2弾

カテゴリ:販売作品

再びのダックス地蔵さん。でも1体1体全部違うんです。そのコの特徴も飼い主さんの思い入れポイントもみんな違うから。仏の印である白毫(びゃくごう)を鼻の代わりにするのは毎度のおなじみ。今回の飼い主さんこだわりポイントは、まっすぐな長い毛質の表現。よってシッポは巻かずに直毛。私は写真を見て、足先が目に入りました。短いけど足先のちょこんとした形が目立つし可愛い。なので足を控えめにちょこんと出してはどうかと提...

続きを読む

与えたつもりが与えられていた

カテゴリ:販売作品

動物仏さまを制作するにあたっては、ご注文者さんとのやり取りが毎日続きます。本筋に付随して、亡きペットの思い出なども語っていただけます。私はそのやり取りの中でたくさんの事を学んでいます。心に残る言葉もたくさんあります。小地蔵さん・こまりちゃんのご注文でもそれは変わらないのだけど、動物仏さまはやり取りが長くなる分、入ってくる情報も桁違いで、その中から学ぶことも多くなるというわけです。動物仏さまは私が考...

続きを読む

自分のとっての聖なるものに祈れば叶う

カテゴリ:魂の表現

信仰のある方は神や仏としてイメージしやすいと思います。人智を超えた存在、聖なる者、完璧な美しさと力を持つもの。佐川奈津子さんのお祈り手法では、祈る相手は神仏に限らず、その人にとって疑いなく信頼でき素晴らしいと感じる存在にしましょうとされています。だから大いなる自然でも宇宙でも天使でもOK。神さまが味方するすごいお祈りあなたのなかの神と出会う祈りの習慣先日、動物仏さまのご注文者さんとやり取りする中で、...

続きを読む

自分と一致すると人は輝く

カテゴリ:魂の表現

犬仏さまを創っています。シッポの形状をどうするか相談している時、ご注文者さんが「この形は…うーん」ともやもやしていたのが「この形、いい!」となったら何かがぱぁっと輝いたように感じました。後で気付きました。あれはご注文者さんが自分自身に一致した瞬間だったのです。「うん、これはいいね。私はこれが好き」と心の底から感じる状態を見つけてそれを認めた時、人は己と一致して、輝くのだと思います。ただシッポの形を...

続きを読む

リアルとデフォルメ

カテゴリ:販売作品

犬仏さまのしっぽデザインを仏像彫刻的な雲と同じ巻きにしようかと、前々から考えています。先日の富山・井波の瑞泉寺でもそんな写真を撮って、次はこのしっぽの先にしてみようか…などと考えていました。結局今回も彫りは深くせず、丸っこい可愛らしさ寄りの形状に仕上げました。仏像彫刻的な彫り方をすればありがたさが増します。が、可愛らしさからは遠ざかります。実はこの塩梅が非常に非常に大事なポイントでありまして。例え...

続きを読む