天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

本物の布で衣紋を確認する

カテゴリ:習作

だいぶ前に書いたことがあるのですが、最近、サフランの小屋に吊るした絹(着物生地)がいい感じにドレープを描いていて、衣紋の参考になるなと思ったので、改めて記載します。先輩たちから教えてもらったことのひとつに、衣紋は本物の布を見て参考にするといい、というのがありました。ある人は、菩薩像の衣がどこをどう回ってどうなっているのかを理解するため、奥さんの体に布を巻いてもらってチェックしたと話してくれました。...

続きを読む

ミニ白衣観音完成

カテゴリ:習作

まずまずの出来。というか、今の自分の精一杯ですな。本から見て取れる細工の細やかさがすごいんですよ。そりゃあ修行した仏師の作だから当たり前ですが。この本の写真、本当にカラーだったらどれだけいいか。救世観音と共に同級生の元へ送ります。気に入ってもらえるといいな。救世観音(全高20cm)とミニ白衣観音(全高17cm)のサイズ感はこれで何となく分かるでしょうか。背後にある6寸地蔵菩薩は制作から8年経ってだいぶこんが...

続きを読む

ミニ白衣観音 小造り終盤

カテゴリ:習作

だいぶ進みました。まだ頭とか細かな細工は残ってますが、全体的にはざっとできてます。あ、台座部分はまだ手付かずですね。台座は岩座です。やっぱり手が難しい。本の写真を見ると、細い線でしなやかな指を作ってありまして、さすがだなと思います。この小ささでは、私じゃ何もできんですよ。形を保つのが精一杯。最近の先生は、現代風なフォルムがお気に入りです。なので先生に見てもらうと古典的なラインでなくなります。年を取...

続きを読む

ミニ白衣観音 小造り開始

カテゴリ:習作

初級~中級として掲載されているミニ白衣観音ですが、この前の救世観音より難しいです。救世観音の方が直線的で線が単純、造りもシンプル。こちらは意外と細かな細工が入ってます。ま、宗雲先生が作ったのだから、それもそうかと思います。若かりし日の先生にとってはこれが「簡単」な像だったんだろうなと。一番難しいのは手ですね。片手に巻物を持ち、もう一方でその袖を押さえている形が、造形やってなかった人間にはハードル高...

続きを読む

ミニ白衣観音 木取り~粗彫り

カテゴリ:習作

興が乗ったからついでにミニ白衣観音も作り始めました。こちらは「松久宗琳の仏像彫刻」に載っている初心者向けの像。救世観音と一緒にプレゼントする予定です。これ↓も9年前に習作として作り、今はいとこ宅の仏壇にあります。亡きおじさん用の仏像として。救世観音より更に小さめ。このミニ白衣、本に収められているのは宗雲先生が修行時代に彫ったものだそうです。宗琳師匠から言われて出版用に作ったんだって。図面がね、小さい...

続きを読む

救世観音完成

カテゴリ:習作

形さえ決まってしまえば、小さいだけに出来るのも早い。1ヶ月余りで完成です。っていうか、勢至菩薩の台座作らずにこればっかり進めたから(笑)。分かっていた事ではあるけど、小さいと顔が難しいね。顔幅15mm。1mm彫りすぎても取り返しがつかなくなると思うと、なかなか刀を入れる勇気が出ない。こわごわ作ってると不格好になっちゃうし。細かい所は刀が入らないし。髪型と冠は創作まあ、及第点かな。これが精一杯。仏像好きな人...

続きを読む

初心者向けに変更したらしき痕跡発見

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

9年ぶりに再製作している救世観音。初心者だった9年前には気付かなかったけど今は気付けることがいくつかありました。その中で、面白いなと思ったのがこれ。本においては、粗彫りの段階では足元の衣に返りが付けられているのです。これは菩薩像の衣の足元にあるのと同様。こんなやつ↓ね。観音さまだから付けたのでしょうか。ここに返りがあると知らなければ気付かないくらい薄っすら写っています↓。9年前の私は知らなかったから気...

続きを読む

救世観音 粗彫りから小造りへ

カテゴリ:習作

全体の形を出してます。下図を、前の修正ではなく、新たに描き直せば良かったなと思ってます。9年前の、まだ本格的な仏像を彫り始める前に描いた物だから、私の認識違いとかあるんですよ。何も考えず図の通りに彫り進めて、あれ?マズイ?と思う所もあったりして。それに背中の幅が、本にある図と出来上がり写真では違います。多分、制作者が作りながら調整したのでは。この前も書いたけど、この薄暗い白黒写真から図をトレースし...

続きを読む

9年ぶりの救世観音

カテゴリ:習作

8年ほど前、同級生に作ってあげると約束していた観音様。その後連絡が途絶えていたのが、先日会って話すことができまして、改めて作ることになりました。簡単な物でいいね、と初心者向けの救世観音を選びました。こちらは2014年~2015年にかけて(仏像彫刻を始めて4年目)作っていた習作です。これを参考に再製作します。人にあげる物(利益を得ない物)なら本に載っている作品の真似でも法に触れません。これが、売り物となったら...

続きを読む

看取りの時のお祈り

カテゴリ:魂の表現

私のオススメはこれです。例えばペットを看取る場合。このコにとっても、私にとっても、関わる全ての人にとって最善の終わり方でありますように。最高の看取りとなりますように。具体的にどうこうを入れると、実はそれがベストだったとしても自分の期待と違う時に不満が出ます。だから、「苦しまずに」とか「痛みなく」とか、あえて入れない。具体的な内容を指定せず、各自にとっての最善を祈る。それがどんな内容かは天(神でも仏...

続きを読む