天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

看取りの先

カテゴリ:魂の表現

私はここまで、たくさんの大切なものたちを送り出しました。しかし、看取りを終えたら終わり、ではありません。私たちはその先も生きていかなければなりません。死んだ者はそれでその生を終えますが、残る者は今日を生きなければならないのです。残る者が燃え尽きてしまったら、死んだように生きたのでは、生きているとは言えません。魂抜けちゃってるからね。その看取りが「幸せ」なものであれば、その先の人生へも軽やかに入れま...

続きを読む

大切な人に伝えてください

カテゴリ:販売作品

母上様の看取りを終えたユーザーさんからメールをいただきました。その方は、私の友人・美香さんが同じく母上様を看取った時に、棺へ小地蔵さんを一緒に入れたことで大きな安心感を得られた話を直接聞き、ご自身も思い立って小地蔵さんを迎えられたそうです。母上様は余命が見えている状況下だったご様子。母上様用の小地蔵さんは、旅立ちまでの数ヶ月で母上様にいっぱいなでてもらって、最後は一緒に棺へ入り、天へ昇ったそうです...

続きを読む

人間の看取りと動物の看取り

カテゴリ:販売作品

親御さんの旅立ちが間近に感じられて、小仏さまを迎えてくださる方が結構多いです。ペットの看取りという方も同じくらいいらっしゃいます。動物に対しては、多くの人が自分の中に純粋な愛を感じられるのではないでしょうか。しかし、それが人間、特に肉親や家族となると大抵は、それより複雑になります。愛以外の感情が混じってくるから。対人関係って面倒くさいものです。私たちは、動物を飼うことで己の中に純粋な愛が存在するこ...

続きを読む

看取りと向き合う飼い主さんのために働く小地蔵さん

カテゴリ:販売作品

小地蔵さん・錫杖+宝珠・入棺仕様が我が家を旅立ちました。猫さんの看取りと向き合う飼い主さんに、迎えていただきまして。これは火葬仕様でして、錫杖の輪っかが燃えるひもでできてます。通常のものは金属の輪っかが付いてますので、もし火葬するなら輪っかだけ外していただく必要があります。飼い主さんからは、生と死を正面から見据えて一歩も退かない姿勢を感じました。カッコイイもし心が揺れたら小地蔵さんにその不安を預け...

続きを読む

看取りが始まると仏像を用意する

カテゴリ:魂の表現

仏像彫刻仲間を見ていると、大切に思う人の看取りが始まったら、あるいは死期が近付いてきたら、その人のための仏像を彫り始める人が結構います。それは親だったり、親しい親戚や友達、更にはその人たちが大切に思っている誰かのため。本格的な仏像は何か月または何年もかかりますから、1週間とか10日くらいで完成できる簡単な作りの物を。少し時間がありそうならもう少し手間をかけて。危篤になってから彫り始めても間に合いませ...

続きを読む

素敵な言葉の使い方=素敵な視点

カテゴリ:魂の表現

何をどう言語化するかでその人の意識が見えてくる、という話を書いたばかりですが。まさにそれを実感する場面がありまして、あまりに素敵だったので紹介したいと思います。地震の影響により、北陸への配送が今は乱れているようです。注文いただいた小地蔵さんを発送するも、ヤマト運輸のおねえさんから「配送日を指定できない状況で、時間かかるかもしれません」と聞きました。で、その旨「小地蔵さんはちょっと長旅になるかも」と...

続きを読む

病を忘れると病が消える

カテゴリ:販売作品

小地蔵さんをギフトに使っていただきました。そしたら受け取った方からお礼の手紙が届いたと、私にもその喜びをお知らせいただきました。贈られた方は小地蔵さんを心の支えに、安心して過ごしていらっしゃるようで「病気も消えそうな気分」とのこと。これ、本当に消えるかもしれませんよ。自分を病気だと思った時から人間は病気になります。動物はそういう意味では病気にならないけど、飼い主が「このコは病気だ」と思ったらその瞬...

続きを読む

<決定版>仏さまのすがり方・祈り方

カテゴリ:販売作品

何とも世俗的な見出しですが(笑)。小地蔵さんにたくさんお願い事をして頼ってきた私の経験から、「最高の結果を導いてくれる」頼り方を紹介します。望む結末があるとしても具体的な結果を言わず抽象的に。仏さまは決して「ダメ」「イヤ」とは言わないことを疑わない。先日も、成人して独立したお子さんのことを心配している知人に秘策を伝えたばかりです。親としてできる事はほとんどない、ということは彼女も分かっていて、だか...

続きを読む

母娘の小地蔵さんズ

カテゴリ:販売作品

自分の分とお母さんの分、と小地蔵さんを購入してくださる方、結構多いです。仲の良いお宅もあれば、私同様母親は苦手ながらも何かできることをと小地蔵さんを選んでくださる方もいるし、心理的・物理的距離も様々です。共通するのは、親を思う精一杯の心。お母様のお守りに、と選んでいただくことも増えました。高齢で疾患を抱えている場合は、お守り 兼 病院のお供にもなります。入院時も代わりに付き添ってくれるしね。始動直後...

続きを読む

使ってこその仏さま

カテゴリ:SHOPのあれこれ

夫の小地蔵さん。9年経ってだいぶ色が濃くなり、テカってます(実物はもっと濃い色)。毎週月曜に出勤して、職場ではデスクを見守り、出張も一緒に行って、週末は帰宅し、金曜の夜には1週間の労をねぎらうお酒をおちょこでもらってます。金曜夜は人間が「今週もお疲れ様」の乾杯をするので、ついでです。←おい夫、職場で何事かあれば小地蔵さんに助けを求めているようです。頭のテカり方をみればその必死さが分かります(笑)。先...

続きを読む