天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

一番しょうもない時代を知っている仲間

カテゴリ:雑記

同級生と会う機会がありました。1月にクラス会で会って、仏像を作る約束をして、それができたから渡すつもりで話をしていて。なんやかんやで、東京在住のクラスメイトが帰省するタイミングに何人かで集まりました。2体まとめてお嫁(?)入気付いたのは、一番しょうもない頃の、若くて自己中心的で変な事ばっかりしてた時代の私を知っている仲間って、気楽だということ。仏像を彫るようになって、しかもそれを看取りに活用してより...

続きを読む

人を批判している時は自分から逃げている時

カテゴリ:魂の表現

これは自分が注意していることで、前にも似たような内容を出してます。最近、改めてこれを噛み締めることがあったので書いておきます。人のことをああだこうだ言って(思って)いる時というのは、自分から目を逸せている時。自分と向き合うことから逃げている時。自分の話して(考えて)いる内容で、主語が他者になっている時は、赤信号。どれだけ他者を批判しても文句を言っても、その状態で話し合っても、自分が正論を言っている...

続きを読む

上達する人のパターン

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

自己啓発の話でも書きましたけど、仏像彫刻でもそれは同じで、知識を溜め込むだけで実践しないと上達しないんです。見聞きして仕入れた情報(良さそうだと思った情報)を試してみる。必ずしも今作っている物に合うやり方とは限らないから、うまくいかない場合もある。逆にすごくイイこともある。そうやって実践による情報の取捨選択をしていき、経験値を上げていく。それが積み重なって生きた知識が手に入る。私はそんな風に見てい...

続きを読む

お祈りに抽象的な言葉を使う理由

カテゴリ:魂の表現

先に書いた通り、私がお祈りするときはできるだけ抽象的な言葉を使っています。看取りのお祈りでもそれは同じ。具体的に「○○が××ますように」という内容指定もすることはあるんですが、基本的にはそれを含めたもっと広い適用を目指しています。何でそうしているかと言えば、私が気付かない事柄があるかもしれないから。例えば地震被害へのお祈りで「水や食料が十分行き渡りますように」「暖かな場所で過ごせますように」などひとつ...

続きを読む

見るべきは自分

カテゴリ:魂の表現

何度も書いてますが、他者に対して不調和な感情を抱いた時は己を見るべし。誰かにムカムカしたら自分の中の何がどう引っかかっているのかをきちんと追及する。そしてその引っかかりを解消する。私はそれを続けて、平安にたどり着きました。不調和の内容は様々でしょうけど、相手が人間でも動物でもそれは同じです。ペットは特に、飼い主の苦痛を反映します。その動物の状態を見て辛いだろうと思うのであれば、辛いのはあなたです。...

続きを読む

楽にならないパターンの考察 自他

カテゴリ:魂の表現

すごく自己啓発の勉強をしているのに心は辛いまま。楽になりたいと切望しているのに変わらない。そんなときのパターンを眺めています。これが自分だともがいちゃって分からないけど、他人のことは分かりやすいですね。大切な人たちを思いながら書いてます。私が見たところ、こういう状況にいる時の共通事項は「行動しない」「試してみない」こと。頭(思考)ばかりグルグル巡らせて、実際には何も動かない。あなたの抱える問題にこ...

続きを読む

動物は教えてくれる

カテゴリ:雑記

久々に会うようになった、とある友人。会おうとすると飼い猫に問題が起こり、会うのは延期、ということが2回続きました(2回とも会えてはいる)。1回目は何も思わなかったのだけど、2回目には確信しました。猫が教えてくれてる。今、私が彼女に会うことは彼女にとって何かマイナスとなるのだ、と。私の中に彼女に対する負の感情はなくジャッジもなく(これは確実)、話していて楽しいから、会えたらうれしい。彼女が将来への不安を...

続きを読む

薬から愛を受け取る

カテゴリ:魂の表現

実は私、化学出身です。専門を選ぶにあたり、本当は生物系へ進みたかったのだけどジャンケンで負けてしまい、希望者のいなかった化学系へ自動的に流れました。だから先輩や同級生には製薬会社で研究開発している知り合いもいます。農薬や機能性食品(サプリメント)の開発に関わっている人も多いです。みんな、誰かの役に立ちたいと思って働いています。特に抗がん剤は怖がられますよね。ペットや子供だとワクチンや抗生剤も嫌われ...

続きを読む

他者にダメージを与えるネガティブ、与えないネガティブ

カテゴリ:魂の表現

正確に言えば、負の感情は大小強弱関係なく他者へもダメージは与えるんですけど、私の感覚では強烈なやつと一瞬の意識で流し出せる程度のやつとありまして。その違いを考察しています。また、こんな風に書かれたら誰かに迷惑かけてるかもって、おちおちネガティブになれないじゃない!と心配している方もいらっしゃるかもしれません(いるのか?私は思ったけど)。自分のネガティブが他者へ与えるダメージはいかほどか、見当つくか...

続きを読む

良い悪いで考えない

カテゴリ:魂の表現

私が心掛けていることを紹介します。その中でも特に重視していることのひとつがこれ。良い・悪い、正しい・間違っている、で物事を捉えない。ではどう捉えるかと言えば、こうです。心地よい・心地悪い、好き・嫌、と自分の感覚として捉える。または、用途に合うか合わないか。前者は社会通念や理念や常識を基にしていると思われます。が、ジャッジメントが強く入っているのです。ジャッジは、裁くこと。正誤の決めつけです。「悪い...

続きを読む