天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

良い悪いで考えない

カテゴリ:魂の表現

私が心掛けていることを紹介します。その中でも特に重視していることのひとつがこれ。良い・悪い、正しい・間違っている、で物事を捉えない。ではどう捉えるかと言えば、こうです。心地よい・心地悪い、好き・嫌、と自分の感覚として捉える。または、用途に合うか合わないか。前者は社会通念や理念や常識を基にしていると思われます。が、ジャッジメントが強く入っているのです。ジャッジは、裁くこと。正誤の決めつけです。「悪い...

続きを読む

護られていると感じてみよう

カテゴリ:SHOPのあれこれ

お茶会を10月17日にしたのは父の命日だったからです。サポートしてくれる美香さんに「10月か11月ね。それで何日にする?」と聞かれ、特にどこでもいいんだけどなぁ…と思いを巡らせ、唯一目印があったのが父の命日でした。昨年のその日には父から相続した土地の半分が売れたと連絡がありましたので、今年も何かいいことあるかな~♪くらいの軽い気持ちでした。しかも今年で亡くなって33年。ついでに母も亡くなって3年。夫婦合わせて3...

続きを読む

仏像を彫る資格?

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

たまに聞く言葉です。仏像彫刻はやってみたいけど自分は仏さまを創るのに適格でない人間だから、やってはいけない。だからやらない。違うんだよねー。そんな人格者だったらもう仏像彫る必要はないんですよ。清浄なものに触れ続ける必要はないんですよ。清らかな人は。私たちは、仏像を彫りながら自分を清めています。彫ることで心の掃除をしているのです。生きていれば、ドロドロしたものが発生することもあるし、やり切れない思い...

続きを読む

勇気を養う仏像彫刻

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

教室のお仲間がつぶやきました。「仏像彫刻って、勇気いるよね…」。そうなんです。彫るには勇気がいるんです。ここはもっと彫り下げた方がいいように思うのだけど、彫っちゃっていいんだろうか。こんな風にしたいけど、彫り落としてみて失敗したらもう戻せないし。そんな思いを引っ提げて、勇気をもって彫り進む。できるかどうか分からないけどイメージにある形を作ろうとしてみる。やってしまったら後には引けない怖さを乗り越え...

続きを読む

自分の事業を大切に扱う

カテゴリ:SHOPのあれこれ

お茶会(ブログ記事)へのお申込み、ありがとうございます。順調に席が埋まってきています。その中には小仏ユーザーさんもいらっしゃれば、門仲サロンで小地蔵さんを見て気に入ったとおっしゃる方、私とは全く初めましての方、色々です。共通するのはお茶会をサポートしてくれている友人のセッションや講座を受けた方々ということ。そこでね、しみじみ感じるんですよ。彼女がどれだけ自分の講座やセッションを大切に丁寧に扱ってき...

続きを読む

奇跡の3人

カテゴリ:SHOPのあれこれ

昨日、東京でのお茶会を告知したわけですが。実はこれ、3年くらい前から「やってみたいな」と思っていたのです。でも、表現できずにいました。理由はいくつかあって、まずは場所。やるなら東京だと思ってました。ユーザーさんは圧倒的に関東の方が多いから。でも東京なんて分からん。ある程度の人数ならお店だって予約要るだろうし、静岡であっても飲食店に疎い私には東京のことは尚更分からん。次に資質。みんなで集まって何かす...

続きを読む

義母の在り方を受け入れたら全てがうまく回るようになった話

カテゴリ:魂の表現

関西に暮らす義母は、生まれた時から体が弱く「この子は長生きできません」と医者に言われたのだそうです。もう80年以上前の医療水準での話。でも義母はずっとそれを信じていて、「自分はもうすぐ死ぬのだ」と思いながら生きていました。私から見た義母の状態は、「確かに体は強くはないかもしれないけど、今すぐ命に関わるようなものは何もない。もっと元気に生きられるのになぜ病気へこもるようなことをしているのだろう」という...

続きを読む

矛盾を生きていると人に信用されない

カテゴリ:魂の表現

もうだいぶ時間も経ったので、学んだことのひとつとして書かせてもらいましょう。まだ開業前、小地蔵さんを開発中だった頃の話です。友人知人の皆さんに試作品を欲しい人がいないか聞いていました。ある人が欲しいというので彫らせてもらいました。が、いつまで経っても受け取ろうとしません。取りに来られないなら郵送するよ、と言っても「行く」と断るし、でも全然来る様子もないし。もし必要でなくなったならそれでもいいよ、と...

続きを読む

親を映し出す子

カテゴリ:魂の表現

そういえばもうすぐ母の3回目の命日です。多分、当日は忘れてると思いますが ←イベント日時の認識が苦手いや、本当は日付もはっきり覚えてないです。確か11日だったような…10日?ってレベル。2020年8月のお盆直前の月曜日、という事は覚えられるのに、なぜ日付だけ覚えられないのか、自分でも不思議なのです。ついでに言えば、今は2020年と覚えていますがこれがしばらく経つとその数字を忘れます。「コロナ禍最初の8月のお盆直前の...

続きを読む

性質もツールと捉えれば柔軟に使い分けられる

カテゴリ:魂の表現

自分は頑固だと思っている場合。その自分をOKと感じられるなら何ら問題はないんです。が、もしも「変わりたいのに頑固さが邪魔して変われない」と思っているなら、見方を変えましょう。頑固さ優位な人は、頑固さというツールを頻繁に使っているだけだと認識すればいいんです。そしたら別のツール(例:素直さ)も使えます。遺伝でも生まれつきでも何でもない、ただ頑固さを選んでいるだけ。例えば父親や祖父が頑固者で、それを受け...

続きを読む