天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

ペットと鬼ごっこする人

カテゴリ:雑記

夜、サフランの散歩中、たまに鬼ごっこをします。なんじゃそりゃ?と思うでしょうか。思いますよね。私も思います(笑)。ゆずが若い時には近所の公園で鬼ごっこして遊びました。そこは住宅団地に造られた、人のいない小さな公園でして、いい具合の植え込みがあって、ゆずがその裏へ隠れるんです。私がそーっと追いかけて「わっ」とすると「きゃー」と逃げていく(しかも笑いながら)。近寄ろうとする私をじっと見て、次の瞬間逆方...

続きを読む

そばにいてサポートしてるよ、のサイン

カテゴリ:雑記

ゆずの2回目の命日に、売りに出していた土地の購入希望を受け取りました。父が亡くなった時、兄姉たちの厚意により、相続した畑。両親・ご先祖様たちの思いを含んで、私の所へ来てくれました。ずっと実家で茶畑として使って管理もしてくれてましたが、兄たちの事業終活に向けて畑としての活用を終え、戻ってきました。畑のナギナタガヤで巣ごもりそれを、活用してくれる人に手渡したいと販売に踏み切り、信頼できる不動産屋さんに...

続きを読む

ゆずが微笑んでいる

カテゴリ:雑記

年末にスーパーで、おせちに入れる田つくり用の煮干しを探していたのです。お正月用品コーナーにあるはずが、見当たらず。おかしいなぁと思いつつ、乾物コーナーには無塩の煮干しがあるだろうと見に行ったら、ありました。かつて下痢の止まらなくなったゆずが食べていたのと同じ商品が。最期の3ヶ月は無塩煮干しメインでしたっけ。うわっ、懐かしい!思わず手に取り、これで田つくりできるなとカゴヘポイ。その時、その商品の所ま...

続きを読む

おやつを探せ 犬&うさぎ

カテゴリ:雑記

サフランは夜の散歩中、あちこちへ隠されたおやつを探して回ります。1回目の散歩が30分で私担当、おやつはえん麦。2回目が20分で夫担当、おやつパパイヤ。どっちも大好きなおやつです。賢いサフランは、パターンを覚えるのも早く、ほとんどの場所は部屋を3周する間に見つけてしまいます。が、パターンから外れると全く見つけられません。これ、ゆずも同じでした。ゆずは雨の日、散歩代わりに家で「おやつを探せ」をやってました。...

続きを読む

動物の愛は変わらない

カテゴリ:雑記

今回のうっ滞で、サフランにはシリンジで強制的に薬を飲ませたわけですが、当然ながらサフランは逃げまどい暴れまくりました。何とか捕まえてタオルで保定するもちょっと巻き方が甘かったみたいで、タオルに潜って隠れてしまい、なかなか時間がかかりました。これじゃあ、サフランに嫌われちゃうなぁ…とヘコんだ時に現れた獣医師 藤原せんせいの言葉。救われました。ナイスタイミングうちの猫は、血抜いても 避妊手術しても レン...

続きを読む

室内で小さな動物を撮影する

カテゴリ:雑記

カメラには全然詳しくないですが、ハムスターを撮るのに色々と苦心しまして。そこで覚えたことを書いておきます。この技術、今は小地蔵さんの撮影に活用しています。以下が苦心ポイント。被写体が小さい⇒接写暗めの室内(夜間・物陰)⇒F値動きが速い⇒シャッタースピード顔が黒い(オートでピント合わず)⇒手動ピント合わせ小さい動物をきれいにプリントしたい⇒フィルムまずは、接写ですが、今どきのカメラなら大体できるんじゃない...

続きを読む

ジャーマンシェパード地蔵さん

カテゴリ:販売作品

念願叶いました。シェパ地蔵さんの制作です。私自身は持つことができないので、誰かが依頼してくれないと創れなかったのです。ご注文者さんが表現したかったのは、大きな目。くりっとしてキラキラです。目の形はかまぼこ型になりました。まん丸な大きな目が笑っている形です。頭に椿のせてますかまぼこ目、耳は大きく鼻代わりに白毫もうひとつ、椿を入れたいとのご希望で。思い入れのある花ということでした。私は彫ったことがなか...

続きを読む

息ができる場所を見つける

カテゴリ:魂の表現

私、海外へ出るとすごく楽になります。重石が取れた感じで。出発の空港から既に体調の変化が表れて、日本脱出を喜んでいるのだなと思うようになりました。国内でも北海道と沖縄は海外と似た感じになります。ゆずが来てからは渡航を制限したから、海外はもう10年以上行ってないけど。繊細過ぎるゆずはペットホテルとかへ預けられる性格じゃなかったんで。北海道と沖縄はゆず連れで行きました。キジムナーの顔はめパネルそれで、私は...

続きを読む

大切な者の魂が永遠に生きる場所

カテゴリ:魂の表現

桜を見ると「ゆずがいないなぁ」と思うようになりました。ゆずがいなくなって2回目の春。その前の11年は、桜を見る時には常にゆずがそばにいました。ハムスターは外へ連れ出せないから桜を見ても思い出すことはなく、思い出すのはゆずです。でも、それを思う時、私の心の中には間違いなくゆずがいます。ゆずの魂は私の心の中で生き続けています。犬散歩で通った道を歩く時、やはりゆずとの時間を思います。その時も同じく、私の中...

続きを読む

1年

カテゴリ:雑記

今日はゆずの命日。日付を覚えていられない私のために2月1日という分かりやすい日付を選んでくれた、配慮深い嬢ちゃんに感謝。日付、覚えていられないんです。数列になっていれば忘れないんですが、例えば2月17日みたいな日は覚えられません。その代わりイベントは曜日で覚えています。両親の命日も日付で覚えていません。覚えても時間が経つと忘れます。父の場合は「1990年10月中旬の水曜日」。母は「2020年8月お盆の入り直前の月...

続きを読む