天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

ふじのくに芸術祭2019 お仲間入選!

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

仏像彫刻仲間が素晴らしい阿弥陀如来立像を出展したのでまあ入選は当然かな。いやいや、もっと上の賞でも良かったんじゃないの?なんて思っちゃいました。これは出展前に同好会で撮影された写真です。写真だと小さく見えますが実物は、アマチュア作品とは思えない大きさと緻密さです。ぜひ実物をその目でご覧ください。ふじのくに芸術祭2019静岡県立美術館 県民ギャラリー 静岡市駿河区谷田53-22019年11月24日(日)~12月1日(日...

続きを読む

若狭歴史博物館と1000本の手を持つ仏像

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

これが京都にあれば高い拝観料を払って人混みでごった返す中を、遠巻きに眺めなくちゃいけないんだろうな。福井県若狭地方(小浜市や若狭町)で仏像を見ると、京都の仏像が気の毒になります。滋賀県長浜市の仏像は有名になりましたが若狭の仏像も素晴らしいですよ。その中でも、小浜市にある若狭歴史博物館の仏像展示はお気に入り。去年も行きました。半分は復刻像ですが半分は本物の千年前の仏像を生で間近で見ることができます。...

続きを読む

木組みのワンダーな世界

カテゴリ:雑記

山種美術館、宇宙ミュージアムTeNQと紹介してきましたが同日訪れたもう1軒が木組み博物館。日本の伝統技術である木組みによる工法の実物模型展示と、触ってばらして組み立てて体験できる空間です。梁の模型 すごく複雑今でも寺社に使われている木組みの技術は、金属を使わず木材だけで十分な強度と耐久性を実現できる素晴らしいもの。しかも実際に自分で組み立ててみるとその面白さにハマります。何でしょう。立体のパズル感覚かな...

続きを読む

山種美術館@恵比寿

カテゴリ:雑記

東京・恵比寿駅から徒歩10分くらいの所にある山種美術館は日本画専門の美術館だそうで、テレビに映っていた桜の絵を自分の目で見たくて行きました。奥村土牛 生誕130年記念とありました。私は日本画の知識が全くないので知らなかったのですが、土牛さんは日本画の第一人者なんですね。で、知識もないし知識を入れる気もないまま、ただ見て感じることを実施。見たかった桜の絵。吉野の山を描いた作品でした。これと醍醐の桜、もふも...

続きを読む

ふじのくに芸術祭2018

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

仏像彫刻仲間がふじのくに芸術祭に出展し、入選したと聞きまして県立美術館へ見に行ってきました。芸術祭を見て思いました、「やるじゃん、静岡県民」。心に残ったのは、折り紙を巻いて描いたひまわりと、10代(女子高生かな?)のみずみずしさがあふれる絵画、そして縄だけが描かれた絵。あれれ、絵画ばっかり。仏像彫刻はもちろん美しかったですよ。こんな風に彫れたらいいなぁと思いました。他にも発見が色々ありました。電車に...

続きを読む

清水三年坂美術館@京都

カテゴリ:雑記

松久佛所の仏教美術展を見に、今年も京都へ。もちろんその美術展も良かったし、会場となった京都文化博物館近くにある京都伝統工芸館も学生さんの力作が結構並んでいてよかったのです。でも今回は三年坂美術館が私にとってはピカイチ☆HPによると「清水三年坂美術館は幕末、明治の金工、七宝、蒔絵、薩摩焼を常設展示する日本で初めての美術館です。」とのことで、私は象牙彫刻の人形をパンフレットで見て以来行きたいと思っていま...

続きを読む

トーハクのお気に入り

カテゴリ:雑記

オススメを紹介できるほど東京国立博物館に通ってもいないし詳しくもないんですが、気に入ったコーナーがあったりします。今回は本館2階の根付・高円宮コレクションが私のピカイチでした。以前、掛川で見た展示も面白かったのですがこちらはさすが宮家の所有物、レベルが違いました。精巧緻密、超絶リアル、愛くるしい、ユーモアたっぷり、言葉にしたらこの4語かなと。これだったら私もコレクションしたい!と思いました。小さすぎ...

続きを読む

仏像の顔いろいろ

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

一言で仏像と言ってもこんなに違うんですよ、という話。こちらトーハク東洋館に展示されているアジアの仏像です。まずは仏教発祥の地インドのお隣、パキスタン。ギリシャ彫刻の影響を受けているらしいです。でも、そもそもブッダはインド・ヨーロッパ系民族なんでしょうから(違ったら失礼)、本当にこんな顔立ちだった可能性もあるわけで。パキスタンの菩薩東へと布教が進みインドシナ・カンボジアのブッダ像。顔立ちがタイとかイ...

続きを読む

仏像を感じてみた

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

東京国立博物館の「大法恩寺展」と三井記念美術館の「仏像の姿」展、そしてびわ湖長浜KANNON HOUSEの「竹生島宝厳寺 聖観音立像」、1泊2日で見てきました。というか最近は、見て技術を勉強するよりとにかく感じてみようと思ってトライしています。気になった展示物はゆっくり何度も時には単眼鏡を使って、それ自体あるいはそれが存在する空間から何を感じ取れるかと。そうでない物はさーっと流します。仏像だけでなくトーハクの常...

続きを読む

10月頃の仏像系展示@東京 2018

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

トーハク(東京国立博物館)の大報恩寺展と同時期にやっている仏像系の展示2件。自分の覚書を兼ねて。【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】会場 サントリー美術館会期 2018年 9月19日(水)?11月11日(日)開館時間 10:00~18:00(金・土および9月23日(日・祝)、10月7日(日)は20:00まで開館)休館日 火曜日料金 1,500円【特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~】三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本...

続きを読む