天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

どうぞのつくえ

カテゴリ:雑記

絵本「どうぞのいす」になぞらえた「どうぞのつくえ」。朝日新聞に載っていた記事に、じんとしました。始まりは北九州市の教会へ届いたパンのぎっしり入った段ボール箱。コロナ禍で礼拝もなくなった教会では信者さんに分けることもままならず、玄関先へ机を置いて「ご自由にお持ち帰りください」と貼り紙をしておいたそうです。やがて誰かがもらっていき物が減った分、別の物が置かれるようになったとか。自分にとっては不要な物で...

続きを読む

静岡大馬術部の馬 その後

カテゴリ:雑記

バタバタと目の前の仕事を片付けて、さてお馬さんのゴハンに寄付しようかなとページを開いたら、募集終了しておりました…。2500万円も集まったんだって。良かったね。これで当分部員はバイトしなくていいね。できればそのお金を原資にして、この先学生さんが働いて馬の飼育費を稼がなくてもいいように運用していってほしいな。だって彼らの本業はバイトじゃないから。授業や研究や部活や友達との時間や、本来の世界で思い切り時間...

続きを読む

世界を救う方法(?)

カテゴリ:雑記

久々に会った仏像彫刻仲間との会話。巣ごもり期間について。「俺、外へ出なくても全く平気だった」「あ、それ私も同じです。そもそも普段からそういう生活だし」その方は1日中仏像を彫っています。ほぼ仏師な生活。今彫っている1尺(30センチ越)の白衣観音をとっても大切にしていて、毎日一緒に寝ているとか。魂こもった仏さまを彫る人です。色々おしゃべりして、こんな結論に達しました。みんな仏像彫ればいいのに。イライラギス...

続きを読む

馬術部の馬を殺処分から救え

カテゴリ:雑記

静岡大学馬術部で飼われている馬が、コロナ下にあって殺処分の危機にあるそうで。以下、静岡新聞社at-sより転記。静大馬術部、運営ピンチ バイトできず資金難…寄付呼び掛け(2020/5/23 07:57)新型コロナウイルスの影響で静岡大馬術部が、飼料代など年間数百万円かかる運営費の確保に苦慮している。部員が県内外の大会で競技補助員のアルバイトをして大半を賄ってきたが、大会は軒並み中止に。「2、3カ月先も見えない状況」にま...

続きを読む

明けた!

カテゴリ:雑記

…気がします。今日は何だか世界が光って見えました。伊豆半島や県東部ではまだ警戒が続くでしょうけれども、西から夜が明けてきてますよ。深呼吸して光をいっぱい吸い込んで、笑顔で暮らしましょう。...

続きを読む

カエルちゃんの新テリトリー(?)

カテゴリ:雑記

プランターの植え替えでアマガエルの潜むキャベツを私が撤去してしまったため、カエルちゃんはぴょんぴょん跳ねて隣家の方へ行ってしまいました。まるで「バカァァァ(T_T)」と叫んでいるかのような後姿にちょっと胸が痛い。その後しばらく、カエルちゃんを見ませんでしたが久々に発見。驚かせないよう、水やり注意です(笑)。ナイス保護色(中央)これ、静岡菜という野菜です。山東菜に似た感じの地域野菜みたいで、さすが気候風...

続きを読む

中部横断自動車道

カテゴリ:雑記

今年も山梨・身延へあけぼの大豆収穫に出掛けました。新東名の清水ジャンクションへ中部横断自動車道が接続されており、道の駅とみざわ近くまでつながっていました。焼津から身延まで1時間半で行けるんですよ。他地域の方には「それがどうした」でしょうけど、静岡県中部(隣県まですごーく遠い地域)に住んでいる身としては感動ものの速さです。その昔、52号線を走りながら「中部横断自動車道の早期実現を」という横断幕に「こん...

続きを読む

カエルちゃん元気です

カテゴリ:雑記

台風一過の朝。プランター付近に棲んでいるアマガエルがオクラの上でひなたぼっこしていました。後姿がたまらなく可愛いいつもどこの水場にいるんだろう?謎。...

続きを読む

アマガエル

カテゴリ:雑記

庭のプランターに2匹ほどアマガエルが暮らしています。1匹は空芯菜の浸水栽培プランター、もう1匹はなぜか枝豆のプランター。ちっちゃくて可愛いんです。これは枝豆のアマガエル。たまにグレーになってます。周囲の色に合わせるのかな?こっちは空芯菜のアマガエル。空芯菜の方はプランター内が田んぼ状態だからまだ分かるとして、枝豆のカエルはどこで水分補給しているんだろう?じょうろの中?彼らが成長できるほど餌があるのか...

続きを読む

友人宅で蓮生育中

カテゴリ:雑記

過去に蓮を枯らした私でありますがまたしても蓮の種をもらいました。もう1回挑戦するか?いやいや、これはもう、園芸音痴でない人に育ててもらいましょう。というわけで、友人達の下へ嫁いだその蓮の種。現在こんな様子だとメールをもらいました。育つものと育たないものとあったようです。この先も育ってくれるよう皆様、一緒に祈っててください。ちなみにこれは富士宮できらきら(整体)を営む織江さんが育てているもの。織江さ...

続きを読む