天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

ミニ白衣観音完成

カテゴリ:習作

まずまずの出来。というか、今の自分の精一杯ですな。本から見て取れる細工の細やかさがすごいんですよ。そりゃあ修行した仏師の作だから当たり前ですが。この本の写真、本当にカラーだったらどれだけいいか。救世観音と共に同級生の元へ送ります。気に入ってもらえるといいな。救世観音(全高20cm)とミニ白衣観音(全高17cm)のサイズ感はこれで何となく分かるでしょうか。背後にある6寸地蔵菩薩は制作から8年経ってだいぶこんが...

続きを読む

救世観音にちょっと手入れ

カテゴリ:習作

衣紋を入れ忘れた部分に気付き、ついでに少々手を入れました。衣の前面が角ばっていたのを丸めて、足と足の間を少しへこませて、顔も少しだけ整えて。あまりやりすぎるとシャープさがなくなっちゃうから、ほどほどに。...

続きを読む

救世観音ができるまで 一覧

カテゴリ:習作

完成までの写真を並べてみます。 この投稿をInstagramで見る Sorasaki Craft 天先案内人(@kjkeiko)がシェアした投稿...

続きを読む

救世観音完成

カテゴリ:習作

形さえ決まってしまえば、小さいだけに出来るのも早い。1ヶ月余りで完成です。っていうか、勢至菩薩の台座作らずにこればっかり進めたから(笑)。分かっていた事ではあるけど、小さいと顔が難しいね。顔幅15mm。1mm彫りすぎても取り返しがつかなくなると思うと、なかなか刀を入れる勇気が出ない。こわごわ作ってると不格好になっちゃうし。細かい所は刀が入らないし。髪型と冠は創作まあ、及第点かな。これが精一杯。仏像好きな人...

続きを読む

自分はどんな表現をしたいのか

カテゴリ:習作

先生が提示した「通常の観音様に近い救世観音像」。ちょこちょこ彫りながら、やっぱりこれは先生の表現したい形であって、私のとはちょっと違うなと思いました。当然ですね。先生は先生の感性で、こんな形が良いのではと提案してくれただけで、私が何をどう形に表したいかは私が考えて決めること。「前の作品でもう本の救世観音は作れているから、今度は好きに造作なさい。衣のシュパッと感があれば救世観音だから」と言ってもらっ...

続きを読む

救世観音 小造り終盤なのに路線変更

カテゴリ:習作

勢至菩薩の台座はほとんど進まず(だって面倒くさいんだもん)、救世観音ばかり進行。自分でどんどん作れるのは面白い。いや、本当はとっくにそうなってていい年数なんですけどね。13年目ですから。でもこれが本格的な仏像となると、気後れしちゃうんだなぁ。さて、救世観音は小造り終盤。もう少しやったら仕上げに入ります。…と思っていたのに、教室で先生に見せたら、なぜか先生のスイッチが入ってしまい。通常サイズで作る観音...

続きを読む

初心者向けに変更したらしき痕跡発見

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

9年ぶりに再製作している救世観音。初心者だった9年前には気付かなかったけど今は気付けることがいくつかありました。その中で、面白いなと思ったのがこれ。本においては、粗彫りの段階では足元の衣に返りが付けられているのです。これは菩薩像の衣の足元にあるのと同様。こんなやつ↓ね。観音さまだから付けたのでしょうか。ここに返りがあると知らなければ気付かないくらい薄っすら写っています↓。9年前の私は知らなかったから気...

続きを読む

救世観音 粗彫りから小造りへ

カテゴリ:習作

全体の形を出してます。下図を、前の修正ではなく、新たに描き直せば良かったなと思ってます。9年前の、まだ本格的な仏像を彫り始める前に描いた物だから、私の認識違いとかあるんですよ。何も考えず図の通りに彫り進めて、あれ?マズイ?と思う所もあったりして。それに背中の幅が、本にある図と出来上がり写真では違います。多分、制作者が作りながら調整したのでは。この前も書いたけど、この薄暗い白黒写真から図をトレースし...

続きを読む

9年ぶりの救世観音

カテゴリ:習作

8年ほど前、同級生に作ってあげると約束していた観音様。その後連絡が途絶えていたのが、先日会って話すことができまして、改めて作ることになりました。簡単な物でいいね、と初心者向けの救世観音を選びました。こちらは2014年~2015年にかけて(仏像彫刻を始めて4年目)作っていた習作です。これを参考に再製作します。人にあげる物(利益を得ない物)なら本に載っている作品の真似でも法に触れません。これが、売り物となったら...

続きを読む

奇跡を起こす仏像彫刻

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

仏像彫刻を始めてからのこの十余年、仏像仲間に起きたいくつもの奇跡を見てきました。仏様のご加護としか思えない、生命の奇跡を。ある人はお地蔵さんを手に持っていたがために殺されずに済み(犯人の供述による)、ある人は全身不随となってもおかしくない事故で何の後遺症もなく復活し(今も健康)、ある人は命を懸けた大手術で回復に3ヶ月と言われたのに1ヶ月で元気に復帰(動き過ぎるなと仲間に注意されるくらい)。平均年齢70...

続きを読む