天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

看取りの先

カテゴリ:魂の表現

私はここまで、たくさんの大切なものたちを送り出しました。しかし、看取りを終えたら終わり、ではありません。私たちはその先も生きていかなければなりません。死んだ者はそれでその生を終えますが、残る者は今日を生きなければならないのです。残る者が燃え尽きてしまったら、死んだように生きたのでは、生きているとは言えません。魂抜けちゃってるからね。その看取りが「幸せ」なものであれば、その先の人生へも軽やかに入れま...

続きを読む

人間の看取りと動物の看取り

カテゴリ:販売作品

親御さんの旅立ちが間近に感じられて、小仏さまを迎えてくださる方が結構多いです。ペットの看取りという方も同じくらいいらっしゃいます。動物に対しては、多くの人が自分の中に純粋な愛を感じられるのではないでしょうか。しかし、それが人間、特に肉親や家族となると大抵は、それより複雑になります。愛以外の感情が混じってくるから。対人関係って面倒くさいものです。私たちは、動物を飼うことで己の中に純粋な愛が存在するこ...

続きを読む

看取りと向き合う飼い主さんのために働く小地蔵さん

カテゴリ:販売作品

小地蔵さん・錫杖+宝珠・入棺仕様が我が家を旅立ちました。猫さんの看取りと向き合う飼い主さんに、迎えていただきまして。これは火葬仕様でして、錫杖の輪っかが燃えるひもでできてます。通常のものは金属の輪っかが付いてますので、もし火葬するなら輪っかだけ外していただく必要があります。飼い主さんからは、生と死を正面から見据えて一歩も退かない姿勢を感じました。カッコイイもし心が揺れたら小地蔵さんにその不安を預け...

続きを読む

おしゃべりタイム in Tokyo

カテゴリ:SHOPのあれこれ

東京へ行く予定があります。もしご希望があれば、夕方の時間を用意して、どこかでおしゃべりタイムを持とうと思います。2024年2月29日(木)上野( 15時~18時の間で)または東京(15時半~18時の間で)終了は各自のタイミングで退出小地蔵さん・こまりちゃんの実物を見たい、 私と話をしてみたい、 前回のお茶会その後をおしゃべりしたい、 などなど。 ご希望があれば夕方の時間を用意します。 今回は急須は持って行けな...

続きを読む

看取りが始まると仏像を用意する

カテゴリ:魂の表現

仏像彫刻仲間を見ていると、大切に思う人の看取りが始まったら、あるいは死期が近付いてきたら、その人のための仏像を彫り始める人が結構います。それは親だったり、親しい親戚や友達、更にはその人たちが大切に思っている誰かのため。本格的な仏像は何か月または何年もかかりますから、1週間とか10日くらいで完成できる簡単な作りの物を。少し時間がありそうならもう少し手間をかけて。危篤になってから彫り始めても間に合いませ...

続きを読む

お祈りから見える世界観

カテゴリ:魂の表現

能登地震についても、お祈りしています。小地蔵さん・こまりちゃんユーザーさんにも石川・富山在住の方がいらっしゃいますので、小仏さまたちにはユーザーさんが安心して過ごせるようサポートをお願いしています。その中で、他者の祈りの言葉を聞いて「ああ、そういう視点もあるんだ」と気付くことが多々あります。それにより、他者を相対として、己がどんな意識を持っているか認識することができるんです。ちなみに私はこんな言葉...

続きを読む

辛い看取りの先にあったもの

カテゴリ:魂の表現

先の投稿でこう書きました。ハムスターは自力でトイレへ行けなくなる前にみんな旅立ちました。医療的なサポートをほとんどしてあげられないと苦しい思いを抱えたこともありましたが、今振り返れば、無理のない自然な死に際を私に見せてくれたのだと思えます。看取りのお祈りで具体的な内容を言わないようオススメしたのは、これを経験しているからです。当時は悲痛な感覚を抱き、全くこれっぽっちも自分の求めている看取りではなか...

続きを読む

書いてほしいこと ありますか

カテゴリ:魂の表現

私と同じ体質の方、近くにいらっしゃったようで、ブログ記事がお役に立てて良かったです。もし「こんな話聞きたい」とかありましたら、拍手コメントへでも書いていただければ覚えておきます。リクエストがあっても、言葉が降ってこないと書けないんで、確約はできないですが(すいません)。投稿内容、特に生き方についての話は、文節や単語がポンと降ってきます。急いで書き留めて、それをキーワードに書き始めるのが私のやり方で...

続きを読む

なぜ他者のネガティブを吸収するのか

カテゴリ:魂の表現

すべての生命は生まれいずる条件を自分で選んでこの世にやってくるそうです。だとすれば、他者のネガティブを吸収して疲労困憊する自分は、なぜこの体質を選んだのだろうと思いを馳せています。多分、私は人という存在が好きなんだと思います。人の愚かさや儚さも含めた「人」というものを愛おしいと感じていて、少しでも何かお役に立ちたいと(無意識レベルで)思っているのでしょう。人の心が重なった時に生まれる美しいハーモニ...

続きを読む

他者にダメージを与えるネガティブ、与えないネガティブ

カテゴリ:魂の表現

正確に言えば、負の感情は大小強弱関係なく他者へもダメージは与えるんですけど、私の感覚では強烈なやつと一瞬の意識で流し出せる程度のやつとありまして。その違いを考察しています。また、こんな風に書かれたら誰かに迷惑かけてるかもって、おちおちネガティブになれないじゃない!と心配している方もいらっしゃるかもしれません(いるのか?私は思ったけど)。自分のネガティブが他者へ与えるダメージはいかほどか、見当つくか...

続きを読む