天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

平等院鳳凰堂と浄土院の展示@静岡市

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

年明けに静岡市美術館で平等院鳳凰堂と浄土院 その美と信仰の展示が開催されます。雲中供養菩薩像を近くで見られるといいなぁ。静岡市美術館のページから拝借会期 2022年2月5日(土)〜3月27日(日) 開館時間 10:00~19:00(展示室入場は閉館30分前まで) 会場  静岡市美術館 〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階電話 054-273-1515 仏像に関係ないけど1年後にはピーターラビット展をやるみたい...

続きを読む

同好会の作品展2021

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

昨年と同じ会場にて、同好会の作品展を開催します。会場の南沼上公民館は新しくなりました。昨年使った古い建物の奥に新館が、左奥に駐車場があります。地図などは同好会のブログでご確認ください。【仏像を彫る会 作品展 2021】 会場:南沼上公民館 静岡県静岡市葵区南沼上3丁目12-8、 電話054-265-7889 日時:2021年11月20日(土) 9時30分~16時、 11月21日(日) 9時~15時30分 入場無料 静岡駅から...

続きを読む

仲間から祝福されること

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

仏像彫刻仲間の個展が今日、最終日を迎えます。先週の土曜は同好会の日でもあり、皆さんと集まって個展の話やら色々おしゃべりしていました。皆さんと話していて感じるのが、その個展開催に誰もが最大の祝福をしていること。素敵だなぁと思います。もちろんご本人が普段から仲間を大切にしているからこその祝福ですが、心からみんなが喜んでいるのを見ると、私もうれしくなります。仲間の(ある意味)成功を心から祝福できる人たち...

続きを読む

今日から!個展開催

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

いつもお世話になっている仏像彫刻仲間の個展、ついに始まりました同好会のブログにある動画もぜひ見てください。会場が写っていてすごくいい感じです。【澁谷実 作品展~好きな物を楽しみながら創るよろこび~】会場:ギャラリー青い麦 静岡県静岡市葵区呉服町2丁目2−22、呉服町ビル1F 日時:2021年10月7日(木)~12日(火)、10時~16時、12日のみ15時まで 入場無料 公共交通機関:JR静岡駅から徒歩10分 駐車場無し、...

続きを読む

菩薩と如来の違い 菩薩を仏と呼んでいいのか?

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

仏像彫刻仲間から教えてもらった知識と、NHK Eテレの「心の時代〜宗教・人生〜」で見た情報を基に書いています。仏さまと言われる仏教上の存在には以下の4種類があるとHPで書きました。如来:悟りを開いて仏となった者。例:阿弥陀如来、大日如来菩薩:仏修行中の者。例:観音菩薩、地蔵菩薩明王:如来の化身で、恐い顔で魔を追い払う。例:不動明王天:異教の神様出身の者。例:弁才天でね、よく見るとお地蔵さんや観音さんといっ...

続きを読む

お仲間が個展を開きます

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

いつも仏像彫刻でお世話になっているお仲間がついに個展開催いつも何か創っていて、いつも複数同時進行だったりする、そして仏像以外にもたくさん彫っている、創る事を満喫している方です。個展のサブタイトルは私が付けたのですが、これがぴったりの人。地図は同好会のブログ参照。【澁谷実 作品展~好きな物を楽しみながら創るよろこび~】会場:ギャラリー青い麦 静岡県静岡市葵区呉服町2丁目2−22、呉服町ビル1F 日時:20...

続きを読む

古い仏像修復過程

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

仏師の宮本我休さんが江戸時代の仏像を修復する過程を掲載していらっしゃいます。なかなか目にする事のない部分ですからすごーく貴重な情報。いやもう、すごいの一言です。どれほど神経を使うことか。作られた当時の仏師に敬意を払いながら美しさを蘇らせる。私が教室で教えていただいている大和宗雲先生もこういう作業をされてきたんだろうなと思ったら、先生への敬意が増しました。いえね、宗雲先生って教室では人間臭い楽しい話...

続きを読む

不均一なパワー

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

先日紹介した「木のこころ 仏のこころ」の中にもうひとつ、面白い話がありました。法隆寺伝法堂の虹梁(外側のはり)について、1枚1枚全部違う長さや形状のものをうまく組み合わせて統一感のある美しい形に仕上げていると西岡棟梁さんが解説してくれてます。唯一無二の素晴らしい形である、と。曰く「不統一の統一」。バラバラのものをまとめるのがとても難しい技だというのも想像できます。遊びがあるので柔らかい感じになるんで...

続きを読む

仏は民衆の心によって成立している

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

ベテラン先輩に借りた本を読んでおります。「木のこころ 仏のこころ」クリックするとAmazon該当ページに飛びます。内容は宗雲先生の師匠の師匠、大(おお)先生と宗雲先生が呼ぶ松久朋琳さんと宮大工棟梁・西岡常一さんの対談を、奈良の文化歴史に詳しい青山茂さんが進行しているもの。木を扱う名人同士ってとこでしょうか。こころというものについて熱く語っています。その中に「あっ」と思った記述が。私は以前、文化財として保...

続きを読む

違いを探すより一番大切な同じ部分を見る

カテゴリ:仏像彫刻周辺の話

NHK Eテレで放送している「心の時代〜宗教・人生〜」をオンライン配信で観まして、面白いと思ったのでシェアします。今配信しているのは第2回の放送分、瞑想(めいそう)でたどる仏教〜心と身体を観察する (2)「ブッダの教えを継ぐ人々」。為末大さんの理解認識が非常に的確で、ブッダの言葉を自分の世界へ持ち込んで速やかに理解している姿に、世界へ出た人はやっぱりすごいなと思いました。仏教の二本柱は智慧(ちえ)と慈悲だそう...

続きを読む