天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

勢至菩薩も作り始めました

カテゴリ:習作

中宮寺菩薩半跏像がまだ途中だというのに別のものに手を出してます。行き詰るとやりがちな「逃避」とも言います(笑い)。まだ木取りの段階で、角材から余分な塊を落としているところです。前後を落としたので次は左右の塊を取っていきます。適度な残し具合がよく分からず、残しすぎて後の彫りが大変だったり、取り過ぎて端っこが詰まっちゃったり、はよくある事。私はバンドソーで曲線に切り取ってしまいますが、本来の手作業でや...

続きを読む

失敗するのコワイ病

カテゴリ:習作

中宮寺菩薩半跏像がちっとも進んでおりませんでした。なぜかと言えば、3年ぶりの顔作りにビビッて作り始めた(逃げ込んだ?)仏頭の練習でドツボにハマってしまったから。失敗して先生にいっぱいダメ出しされてこう思っちゃったんです。仏頭を完璧に完成させなければ本番には進めないなって。失敗するのコワイ病、再発です。これにかかると自分で決断できなくなります。腹をくくって削ることができません。私の場合は、瑠璃観音で...

続きを読む

今月も富士教室にお邪魔しました

カテゴリ:習作

月末のSBS教室までまだ日がありますので富士で先生に見ていただきました。本物の写真を見た後、自分の作った顔を見ると心底がっかりします。パーツ練習の顔は一旦平らに削って作り直すことに。仏頭と仏手 顔を作り直す富士教室も、和やかで穏やかで楽しくてとってもいい雰囲気です。ありがとうございました。またSBSが休みに入ったりしたらお邪魔させてください。...

続きを読む

富士教室再び

カテゴリ:習作

先生に菩薩半跏像と仏頭を見ていただきたく、富士まで行ってきました。富士教室は今月から再開です。ちなみに静岡の仏像を彫る会も今月13日から再開です。まだ修正途中直しが山ほど入りましたね(笑)。やっぱり見てもらって良かったです。富士まではだいぶ距離もありますが仏像仲間のご厚意にも甘えつつ実現できました。みんなで彫るのはやっぱり楽しい。皆さんと一緒にいるだけで安らぎます。次のSBS教室は7月末ですからまだ2ヶ...

続きを読む

中宮寺菩薩半跏像 仏手練習

カテゴリ:習作

仏頭作ったら手が変だったので今度は手だけ作りました。親指が短くなっちゃったけど、自分としてはまあまあです。顔がくっついているとビックリするくらい作りにくくて形も崩れます…。さて、そろそろ本番いきますかね。本当はこの辺りで先生にパーツもチェックしてもらいたかったなぁ。...

続きを読む

中宮寺菩薩半跏像 仏頭完成

カテゴリ:習作

どうにも分からん!と悩みつついじくり回しておりましたが、このままでは永遠に完成させない悪い癖が出てしまう、と無理矢理完成させました。写真に撮ると尚の事がっくりうーん…。ひどいな。この顔は仏からだいぶ遠い。手がやっぱりよく分からないのですが、瑠璃観音の時と同じで角度を変えて考えれば基本の手とそれほど違わないように感じます。次は手だけ作ってみましょう。その後でもう1回仏頭作ってみます。今度は実寸で(今回...

続きを読む

中宮寺菩薩半跏像 仏頭練習

カテゴリ:習作

SBSの教室は7月まで空いちゃったし、富士教室も当分開催できないみたいだし。先生に見てもらわないと菩薩半跏像が進まん…。しかも2年ぶりくらいの顔作りに緊張しちゃって手が出ません(笑い)。仕方ないので仏頭で練習を始めました。うーん…理想は遠きに在り顔に手がくっついているというのはこんなにやりにくいものなんですね。手が全然分からないし彫りにくい。顔の造りも全くイケてない。すっかり感覚を忘れてます。瑠璃観音の...

続きを読む

中宮寺 如意輪観音

カテゴリ:習作

昨年9月に瑠璃観音が完成し、次作の中宮寺如意輪観音(菩薩半跏像)を作り始めています。バタバタしていて木取り段階の写真を撮り忘れていましたのでいきなり粗彫りからですが。限られた写真しかないので悩む部分も多いものの、逆にそれは自由に作っていいのだと捉えてしまいましょう。そしたら今までよりちょっとはペースアップできるかも。中宮寺より拝借 菩薩半跏像これとよく似た形の弥勒菩薩の作り方は本にも出ていますのでそ...

続きを読む

瑠璃観音 制作過程一覧

カテゴリ:習作

今までの写真を並べてみました。指が取れたことも...

続きを読む

瑠璃観音 3年かけて完成

カテゴリ:習作

本体が完成してから早1年半、色が変わってきておりますが…。やっと全部揃いました。のんびりやってケガもあったりして、ほぼ3年かかりました。足ホゾも彫って固定してあります。あとは同好会の皆さんに、観音さんがちゃんと正面を向いているかチェックしてもらうだけ(自分の癖は自分で見ても分からない)。後ろから見ると問題がひとつ。光背を支える光脚がまっすぐじゃありません。左上に向かって斜めになっているけど、光背の位...

続きを読む