天先そらさき 案内人ブログ

仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

仕上げでどれくらい変わるのか

カテゴリ:習作

形を決めた後、最後は表面をきれいにして仕上げます。その変化のほどを撮ってみたのだけど、これだとあまり変化が分からないかなぁ。実際に目で見ると明らかに違うんですけどね。写真クリックして非縮小版を見た方がまだ分かるかと思われます(拡大もできます)。でこぼこやざらつきなどをきれいに均し、全ての角を取ります。形を整えることもします。鉛筆の汚れが残っているようでは不十分。薄皮一枚剥ぐように、全体を細かい刃跡...

続きを読む

勢至菩薩 蓮華座下段(反花・かえりばな)模様入れ終わり

カテゴリ:習作

長かったー。やっと下段も8枚の模様が入りました。花びらの形も整え終えて、今は表面をきれいに仕上げる段階に入りました。もう少しだ頑張れ。仕上げも手間はかかります。1日2枚までと決めてやってます。こちらはまだ仕上げ前の状態。向かって右に写っているのは3mmの浅丸刀です。これと1.5mm浅丸で模様のカーブをとりました。その先、この下に来る框(かまち)上下に軽い模様を入れて、足を8個作ります。その後は光背。まだまだあ...

続きを読む

本物の布で衣紋を確認する

カテゴリ:習作

だいぶ前に書いたことがあるのですが、最近、サフランの小屋に吊るした絹(着物生地)がいい感じにドレープを描いていて、衣紋の参考になるなと思ったので、改めて記載します。先輩たちから教えてもらったことのひとつに、衣紋は本物の布を見て参考にするといい、というのがありました。ある人は、菩薩像の衣がどこをどう回ってどうなっているのかを理解するため、奥さんの体に布を巻いてもらってチェックしたと話してくれました。...

続きを読む

左右非対称で柔らかさを出す

カテゴリ:習作

今回作ったミニ白衣観音ですが、実は唇が左右で非対称。左右同じ形に直したかったのだけど、直しきれませんでした。上唇の幅と上がり方、そして形も左右で違います。顔が小さいからアップ撮るのも難しい先生にはこれをしっかり見抜かれました。「うん、大丈夫。これくらいなら普通は気付かないし、柔らかさも出て、かえって良いから」と。遠目には分からない更に話してくれたのがこんなこと。仏師は、あえて左右非対称に創ることが...

続きを読む

勢至菩薩 蓮華座 上は完成 下は彫り始め

カテゴリ:習作

蓮華座の上段はやっと仕上げが終わりました。遠目ではきれいに見えますが実際は側面が結構ザリザリな彫刻面になってしまって、何とかしようともがいたものの、どうにもならず諦めました。で、下段(反花・かえりばな)に取り掛かりました。あの作業(模様)がまた始まるかと思うと少々げんなり(笑)。こちらは下段の写真です。円形から少しずつ花びらを切り出しているところ。これは一番上だけ切り分けた状態。それを8回繰り返す...

続きを読む

ミニ白衣観音 木取りから完成まで

カテゴリ:習作

作り始めから完成までの写真を並べてみましょう。...

続きを読む

ミニ白衣観音完成

カテゴリ:習作

まずまずの出来。というか、今の自分の精一杯ですな。本から見て取れる細工の細やかさがすごいんですよ。そりゃあ修行した仏師の作だから当たり前ですが。この本の写真、本当にカラーだったらどれだけいいか。救世観音と共に同級生の元へ送ります。気に入ってもらえるといいな。救世観音(全高20cm)とミニ白衣観音(全高17cm)のサイズ感はこれで何となく分かるでしょうか。背後にある6寸地蔵菩薩は制作から8年経ってだいぶこんが...

続きを読む

彫刻の写真について

カテゴリ:習作

拍手コメントから質問いただきました。いつも読んでくださってありがとうございます。ただ、拍手システムではどの記事からコメントしているのかが記載されませんで、多分、ミニ白衣観音の制作に関する投稿だと推察して、お答えします。間違ってたらごめんなさい、メールください。尚、以前にメールをやり取りしたことのある方なのですが、そのメールを見つけられず、投稿での回答となりました。公開回答で失礼します。写真を複数掲...

続きを読む

ミニ白衣観音 小造り終盤

カテゴリ:習作

だいぶ進みました。まだ頭とか細かな細工は残ってますが、全体的にはざっとできてます。あ、台座部分はまだ手付かずですね。台座は岩座です。やっぱり手が難しい。本の写真を見ると、細い線でしなやかな指を作ってありまして、さすがだなと思います。この小ささでは、私じゃ何もできんですよ。形を保つのが精一杯。最近の先生は、現代風なフォルムがお気に入りです。なので先生に見てもらうと古典的なラインでなくなります。年を取...

続きを読む

救世観音にちょっと手入れ

カテゴリ:習作

衣紋を入れ忘れた部分に気付き、ついでに少々手を入れました。衣の前面が角ばっていたのを丸めて、足と足の間を少しへこませて、顔も少しだけ整えて。あまりやりすぎるとシャープさがなくなっちゃうから、ほどほどに。...

続きを読む