仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

リボンを巻いてみた

2015/07/26
非販売品

この小地蔵さんには節が入っています。小枝を巻き込んで生長したためにできた節です。
節の入った小地蔵さん

木材切り出しの段階で「ちょっと小さくすれば大丈夫だろう」と判断して木取りを始めたのだけど、もう少しの所で節の隅っこが残ってしまいました。通常、節は避けて作るものなので(そこから割れたりする)、これもやめようと思ったのですがふとこう考えてしまったのです。

自分の身に飛び込んできた異物・トラブル(小枝)を丸ごとすっぽり抱きこんで一緒に成長した証が節なのでは。

まるで人生みたいに思えてしまって、節がなんだか愛おしくなってしまって。割れが入るほどの状況でもなさそうだったので見本として家に置く用に作ることとしました。

でもちょっと気になる。梱包に使われていたリボンを巻いたら可愛いかも。
節をリボンで隠してみた小地蔵さん

うーん…腹巻?この辺に「見せる」センスのなさが光ります(笑い)。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能