仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

残留決定

2015/12/24
非販売品

合掌した携帯用小地蔵さんを作っていて、あとは頭をつるつるに仕上げるだけ!というところまで来て気付きました。

頭に割れが入ってる…。しかも2か所も。これは…収めてやるべきか?いやでも顔がすごく好みにできたし、ここまで手間暇かけて完成間近なのに燃やすのもなぁ。携帯用は小さいのと台座がくっついていて作業しにくいのとで、標準型と台座を別々に作るより大変なのです。

結果、見本として家に残ることとなりました。今後は節のある標準型小地蔵さんと一緒に「実物を見たい」という方のお目にかかることでしょう。

規格外な小地蔵さんたち

ワケありな方たち

実はこういう、作りかけては収める箱行きになった小地蔵さんが数体あります。こういうのって、特に完成間近まで引っ張ってしまった物は工業製品で言うと「歩留まりを著しく下げる」ことになるのですよね。産業的にはいわば「無駄」「非効率的」。歩留まりが下がると値段が上がる(売れなくなる)、または利益率が下がるから工場では歩留まりを上げることに留意しています。私は昔、製造業におりまして。日本の生産ラインって世界で一番優秀だと思います。人も機械も。

それはさておき、気付くなら角材の段階で気付かないといけない。もっと言えば角材を切り出す段階ではじかないといけないのでしょう。気を付けていたつもりだけど気付きませんでした。でもまあ、経験を積んでいけば良くなるかな、なんて。

こういう失敗があっても小地蔵さんに市販の彫刻材を使おうとは思いません。だって大井川ひのきはとても良い材だし、それを新たに消費することなく残った端っこを使い切ることができるのは小さな小地蔵さんならではのメリット。あ、趣味の仏像彫刻では市販材を使ってますよ。そっちはもっと大きいから。使うのはB級品ですけどね。

以上、端材のリサイクルならではの失敗でした。というわけで今月は携帯用合掌は間に合わないため、来月からの販売となります。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能