仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

祈りの仏像彫刻

2016/01/10
習作

11月から飼い犬の具合が悪くなりまして、もしかしたらこのまま死んでしまうのでは、と不安になるほどひどく体調を崩しました。

その時何を考えたかと言えば、6体目のお地蔵さん彫らなきゃ!です(^^;
犬が死んでしまったらその棺に6地蔵を揃えて入れてやるつもりでいて(現5地蔵)、最後の1体がまだ作ってありません。それを彫ろうと思ったのです。
5地蔵

私にとって仏像を彫るのは祈りと同じなのかもしれません。

なんちゃって仏教徒ですから困ったときは神様でも仏様でも何様でも「助けてください」と祈っちゃいます。見境なし(笑い)。犬の余命が見えてきたらその最後の1体を彫りながらきっと祈ると思うのです。犬が苦しくないように、できればちょっと長めに生きてくれるように、私の心が折れないように。

仏像彫刻はそれと同じなのかも。え?お地蔵さんは彫ったのかって?いいえ。彫っておりません。犬が回復してくれたので。おかげさまで本気の鬼ごっこができるまでに体力も戻りました。

まだまだ彫りませんから元気でいてくださいよ。

関連記事