仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

刀を鈍(なま)らせないために

2016/03/06
仏像彫刻周辺の話

水を使わない水平回転タイプの彫刻刀砥ぎ機はとても気軽で扱いやすいのですがひとつだけ注意が必要です。それは摩擦熱で鋼が鈍ること。
彫刻刀砥ぎ器

砥ぎ機の横に水を汲んだ入れ物を置き、それで冷やしながら砥ぐよう先輩から何度も聞かされております。特に細い刃はあっという間に加熱して鈍るのだそうです。いくら上手に砥げても鋼自体が鈍ってしまったら切れないですもんね。水を汲むのが面倒くさくてついさぼってしまいがちでしたが、最近心を入れ替えました(笑い)。

積み重ねてきた経験をこうして伝えてもらえるのは本当にありがたいことです。水を付けたらしっかり拭き取らないとさびますのでご注意を。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能