仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

切り替えで福を呼び込む

2016/04/07
小地蔵さん

小地蔵さんを玄関に置いている友人がこんな話をしてくれました。

朝、家を出るときと夜、帰ってきたときには必ず小地蔵さんをなでるようにしている。仕事でどんなに嫌な思いをしても、「あのクソジジイ(←上司?)」と腹を立てていても、車を降りてから玄関に入るまでの(短い)間に気持ちを切り替える。だってさ、こーんな顔で(目を吊り上げて)こんな可愛いコをなでちゃいかんでしょ(笑い)。

小地蔵さんをなでるときは笑顔と決めているのだそうです。だからいつも笑顔で帰宅することになります。
お雛様風

彼女の家庭は円満です。それは彼女が外からの負の要素を持ち込まないようにしているからではないでしょうか。風水でも気が出入りする玄関は重要視しますよね。その暮らし方が運気を好転させ次々と福を呼び込んでいるのだと思います。家での幸せな時間が外へも波及しているのでしょう。大切な家族を守ろうと頑張っている姿が目に浮かび、様々な困難を乗り越えてきた人だけに、ちょっと涙出そうでした。

それにしても、切り替えるスイッチの役割を果たしているのが小地蔵さんだとはなんと光栄なことでしょうか。これだけ大事にされたらそりゃあ、小地蔵さんだって張り切るでしょう。

この話を聞いてからは、私も小地蔵さんを玄関に置こうかと考え中。今はダイニングテーブル脇に並んでいるのですけどね。
残留した小地蔵さん達

関連記事