仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

6寸地蔵菩薩立像 完成!

2016/05/30
習作

やっとやっと完成しました。1年半。予想よりは早かったけれども、思えば長い時間ですよね。
6寸地蔵菩薩立像 台座 光背 正面
6寸地蔵菩薩立像 台座 光背 横

仏像彫刻仲間の作品と並べると彫りの浅さが目立ちます。凹凸が足りないのです。もっと思い切りよく、特に衣紋は深く彫らないといけません。失敗も多々あり。でも今の私にはこれが精一杯なのでOKです。
6寸地蔵菩薩立像 台座 光背 上部
6寸地蔵菩薩立像 台座 光背 胴体

仏さま本体を作るのはある種のプレッシャーと言うか緊張感があって、決して「楽しい」だけではないのだけど、台座や光背や持物は純粋に楽しんで作れました。工作の面白さもあったりして。最後に組み立てる作業が一番楽しかったりします(笑)。

ちなみにこれは「仏像彫刻―鑑賞と彫り方」にある下図を使いました。松久宗琳さんの作品を模したものです。さすがに難しかった…。話それますけどこの本の表紙を飾る観音さまの顔がとても好きです。この顔に惚れてこの(高い)本を買ったと言っても過言ではありません。こういう顔が彫れるようになりたいものです。

これから母にあげる白衣観音の制作に入ります。できるだけ早く母に渡したくて地蔵菩薩も途中から急ぎました。

どの白衣観音を模作するかで「松久宗琳の仏像彫刻―入門から中級まで」にある白衣観音と迷いましたが、「仏像彫刻のすすめ」にあった宗琳さんの作品写真を下図としてやっていきます。

関連記事