仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

あなたの帰りを待ってます

2017/02/02
非販売品

夫は職場に携帯型の小地蔵さんを置いています。そしてなぜか週末には一緒に帰ってきます。
夫の小地蔵さん

出張の際には閉じたPC上へ置いて出掛けるのだそうで、出張から帰ってデスクに戻ると小地蔵さんが待っていてくれるとか。「PCの上にいる小地蔵さんが見えた瞬間、なんだか安心するんだよ」とは夫の弁。「おかえり~」「お疲れさん」と言ってくれているような気がするそうです。

人に近い形をした物でかつ心があるかもしれないと思われる場合は特に、そこに「誰か」を感じるのだと思います。それはもしかしたら自分自身の鏡かもしれないし、大切に思う他者かもしれないし、目に見えない何か(例えば木の精霊や神仏)かもしれません。いずれにしろ、自分以外の「誰か」が待っていてくれると感じられるのはとても幸せなことだと思います。

小地蔵さんは一人暮らしの友人たちにもお役に立てているようです。冬は特に、暗くて寒い部屋へ入るのが寂しい気持ちになりますよね。だけどそこに待っていてくれる者がいると思えば、それが生身の人間でなくとも、少しだけ心が温まるのではないでしょうか。光地蔵さんを迎えてくれた友人も同じようなことを言ってくれました。
光地蔵

今は夫と犬がいるけれど、私もいずれは一人暮らしになることでしょう。体温のぬくもりを感じられる動物が飼えるならそうしたいですが、それができない状況に入ったら小地蔵さんズに居てもらう予定です。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能