仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

サークル長続きの秘訣

2017/03/01
仏像彫刻周辺の話

NHK 団塊スタイルという番組で「男の料理サークル」が紹介されていました。定年退職した男性が集まって活動しており、15年も続いているその秘訣は?で挙げられたのがこちら。

  1. 家庭料理はなるべく作らない(妻の土俵に上がらない)
  2. 料理の先生がいない(先輩が後輩に教える)
  3. 過去は語らない(今が大事、過去の肩書は不要)

見ていて、田町の同好会と似ているなぁと思いました。上記1以外は同じ。

うちの同好会の代表を務めてくれているベテランさんがよく口にするのですが、この会は「自由で平等」です。年齢も経験も肩書も関係なく対等に付き合ってもらえます。もちろん敬意は大事です。

過去に何をしていたかはほとんど話題にならないのですが(そこが良い所)、活動していく中で少しずつ分かってくる背景もあり、技術職だった方はやはり作りに凝る傾向があるみたいです。私もほんの一時期は技術系の端くれだったのでその感覚、理解できるような気がします。いえ、全然そのレベルには届きませんが。

自由で平等。楽しいですよ。うちの同好会は今、4年くらいかな?5年かな?かのサークルのように長く続いたらいいなぁと思います。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能