仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

瑠璃観音 耳と肩を彫り離す

2017/09/04
習作

私にとっては顔と同じくらい緊張する部分です。耳の位置と肩のラインを最終的に決定し、首と耳と肩のつながっていた所を切り離します。
瑠璃観音 首を出していく

初めて作った正式な仏像の6寸地蔵菩薩立像では、早い段階で肩を作ってしまって先生から注意を受けました。本当は顔の位置が決まってから耳を決め、それに合わせて肩が決まるのだそうです。この時は結果として肩のラインが下過ぎ、なで肩になってしまいました。

もちろん下図に描かれた基本位置はあるんですよ。でも、その通りに作れるとは限らない。顔をやり直せば位置(奥行き)が変わり、耳もそれに合わせて後ろへ下げないといけません。あごの位置に合わせて耳の下端位置を決め、それによって肩のラインも決まります。調整は1mm単位。下図とはずれる可能性を見越して、耳と肩の位置決めは顔がしっかり決まってから後の方でやるということでした。

小柄な6寸瑠璃観音だと、耳と首の間の開ける面積が狭いのです。慎重にやらないとおかしな所を切り開いてしまいそうで。だから1mmの細いプラモデル用ドリルを使って恐る恐る穴を開け、彫刻刀や精密カッターで少しずつ広げていきます。これがプロならあっという間に終える作業でしょうけども、私は片耳だけで何時間もかかります。
ピンバイス

使っているのはプラモデル用のピンバイスと精密ドリルです。先輩方から教えてもらいました。プラモデル用品は緻密な作業に向いているということで、細かい木彫にも便利です。実はこの1mmドリルは2本目。1本目は早々に落として折ってしまいました…。細いだけに簡単に折れますのでご注意を。

それから、1mmより細いドリルは手先の器用な人でないと取り扱いがかなり難しいです。細すぎてつまめないし(目が悪い人には見えないかも)、すぐ折れるし。というわけでおすすめはしません。

関連記事