仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

ドリルドライバーその後

2017/12/07
趣味の手作り

新しいドリルドライバーがやってきました。今度はミニじゃありません。ミニの4倍くらい高くてそれなりに重いけど馬力はそれ以上。一応、「女性の腕力でも取り扱える程度の重量」という視点から選んでます。これは1kgで同等品の中では軽い方でした。

記念すべきネジ打ち第1打目は、柔らかい杉材だったこともあり、勢い良すぎてネジの頭がめり込むほどでした。あまりの馬力にびっくりした…。人間の手が頑張る必要がなくて楽です。これがあればホールソー(円形にくり抜く道具)も使えるなぁとか、簡単なサンダー(やすり機)代わりになるなぁとか、夢が膨らみます。

そういえばアタッチメントで色んな機能をくっつけられる万能ドリルがあるのを見つけました。「これさえあればサンダーも〇〇も××も要りません」みたいなやつ。2万円じゃ、買えないけどね(^^;

ミニドリルを壊してまで作ったプランター台がこちら。再利用の木材なのであちこち色々訳ありな感が(笑い)。天面の杉材はホームセンターで板材を買ってカットしてもらいました。
完成したプランター台プランターを乗せたプランター台

仏像彫刻とは全く関係ないけど、うれしかったので。私が買ったのは電動彫刻刀と同じくリョービ製です↓


関連記事