仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

南瓜と柚子

2017/12/22
雑記

本日、冬至ということで1年で最も昼が短い日です。言い換えれば、明日からは日毎に昼の時間(=陽エネルギー)が増していくとのこと。更に言い換えると、運気が上がっていくのだそうです。その運気を呼び込むために南瓜を食べたり柚子湯に入ったりするのだとか。

昔の人って、例えば栄養学とか生物学的免疫システムとかの知識からではなく経験からそういうことを学び、受け継いできたわけで、すごいなぁと思います。

私は、かつて忙しく働いていた頃は冬至どころか誕生日も結婚記念日も気付かないくらい、1日をやり過ごすのが精一杯でした。今は暮らすことを楽しむゆとりがあって、うれしい限りです。

柚子は、1年分の柚子コショウを作るのに使った、表皮と種と汁を取った残りが冷凍されておりまして、これが本日の柚子湯になります。この冷凍物は柚子味噌や柚子しょう油麹や柚子ジャムにも使えます。ちょっと苦味が強めで香り弱めですけど、十分柚子らしさを楽しめますよ。
かぼちゃ

南瓜は、西洋種より日本の在来種を意識的に使っています。日本の環境に長らく適応した作物の方がより体に良いそうで。多めの昆布出汁としょう油味で煮てとろみをつけるとすごく美味しい。小さめの土鍋で作ればちょっとごちそうに見えます。

さあ、運よ来い来い(笑い)。

関連記事