仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

指先喪失

2018/01/15
習作

右手人差し指の第2関節より先が、ある日気付いたら無くなっていました…。

いや、私じゃなくて瑠璃観音ですけど。3回も折れてボンド補修したからこういう事態が予測でき、そのために保護していたわけですが、保護が雑だったようです。ま、仕方ない。そういう木目だし(木目のせいにしている)。瑠璃観音の指先

指だけ他の木を接いでみて、上手くいかなければ衣と手首の境目から切って、別途作り直した手を接ぎます。衣に隠れる部分で切れば目立ちません。そもそも左手は接ぎ目が分かるくっつけ方しているし。

宗琳さんシリーズ第1作目の6寸地蔵菩薩は両手を別に作って接いでいます。その場合は接着面の角度と位置決めが難しいです。地蔵菩薩の手

こういう場面でも思い通りの位置に差し込むためにはゲタと同じ方法で位置決めすればいいのではないかと思います。地蔵菩薩を作った頃はそのやり方を知らなかったから、実際にはめてみたら右手の位置が1mmくらい下がってしまっていました。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能