仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

藍染め体験 駿河おんぱく

2018/02/19
趣味の手作り

駿河東海道おんぱく2018の企画で藍染め体験に参加しました。静岡市のいとう染工さんにて、好きな物を本藍で染色できるというぜいたくな内容でした。

私は色がイマイチ気に入らなかった青色の綿100%ワンピースと、色落ちしてきたけど形が気に入っているポリエステル混紡の帽子・グレーを持参しました。化学繊維はあまり染まらないということだったので帽子は難しいかな?と思いつつも、試す機会を与えていただけました。
藍染めしたワンピースと帽子

ビフォー写真がないですが…ワンピースはグラデーションを付けて深い色合いになってくれました。そして思ったより濃い色になったのが帽子。写真では明るく写っていますが、元がグレーなので黒っぽい暗めの紺になりました。もしかしたらポリエステルは裏地だけで表地綿100だったかも。これで当分使えます。

他の参加者の皆さんは色々持参されてましたね。織物をされる方は糸を、着物を扱う方は帯地を、その他衣類もそれぞれで、それがまた全て違う色合いに染まっていました。生地の元色によっても、染色液に着ける時間や回数によっても、こんなに多様な色が出るのだなぁと面白かったです。

貴重な本藍の染色液をこんなに使わせていただけて、本当にありがとうございました。

講座が終わった後もそれを使う楽しみがあるのはいいですね。私は夏が来るのを楽しみにしています。いつか天先案内人の暖簾なんて染めてもらえるようになったら楽しいだろうなぁ。

駿河おんぱくはまだ1ヶ月ほど続きます。興味を惹かれる内容があったら参加してみては。

関連記事