仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

傾きに気付く時

2018/09/21
SHOPのあれこれ

注文後制作について、ずっと悩んでいます。

小さな仏さま作りを「仕事」として認識して以降、「暮らすこと」から小地蔵さん達が分離してしまいました。それだけならまだしも、特にオーダーメイドに対しては、自分で自分にとんでもないプレッシャーをかけてしまって。期日(といっても私が心の中で決めるのだけど)までに仕上がるだろうか、更には注文してくれた人が納得して気に入ってくれる物が作れただろうかと考えるだけで、心拍数上がります(^^;
携帯型小地蔵さん

小地蔵さん作りを「仕事」と言えるのはとても幸せです。そしてオーダーしてもらえる事はものすごくうれしい。なのに、それと同時に苦しくも感じてしまう自分の問題。

思い入れあればこそ、なわけですがちょっと肩に力入り過ぎ。きっと、続けていくうちに力みが抜けてもっと自然になれるでしょうけども。

…とここまで下書きしてあった状態で、岸見一郎さんの講演会に参加しました。岸見さんはアドラー心理学研究の第一人者で、机上の理想論でなく自ら実践してきた体験談としてお話をしてくださいます。だからとても実用的。その在り方が私はとても好きで、人間関係に悩みもないのだけど岸見さんに会いたくて行った次第です。

講演を聞いている時に気付きました。自分が傾いていることに。他者の評価を気にして自分を見失っていることに。そしたら、何かが吹っ切れて視界が開けました。

人の役に立ちたいという気持ちは、ともすると強くなりすぎて、他者の意向を気にするあまり自分を殺すことにつながります。自他のどちらが欠けてもダメで、そのバランスが重要なのでしょう。今の私は、自<他に傾いていました。自分にとってちょうど良いバランスに持っていこうと思います。

心の痛みを包み込む存在として小地蔵さん・小毬ちゃんを持つのであれば、やはり注文後制作の方が、持つ人は納得いくと思うのです。その事こそが大切。だからそれは続けたい。その一方で、人の要望に合わせることが苦手な私にどこまでできるのだろうかという不安もあります。

目指すべき方向は見えたもののまだ具体的な結論は出ていません。注文後制作に関してはしばし迷走するかもしれませんが、真剣に考えるが故のこととご容赦ください。
合掌小地蔵さん

ちなみに、私の意識を明確にした岸見さんの言葉は「仕事上での評価はあなた自身の価値に何ら関係ない、全く無関係なものだから、他者からの評価を気にしなくていい」でした。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能