仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

織り機組み立て

2019/02/04
趣味の手作り

購入した織り機は ashford リジッド機。最大織り幅40cmの初心者用、丈夫で使いやすいそうです。次の講座に向けて組み立てました。

思ったよりずっとDIY感のある作業でした。普段なら全く気にならない程度なのですが今は利き手が自由にならないもので。ちょっと頑張っちゃったかも。手が痛い…。力を入れて押さえる動作は親指に負担ですね。夫に頼めば良かったかなぁとも思いつつ、なんとか完成。
アシュフォード織り機

教室の前に自分でやってみたい…とはやる気持ちも、手の痛みで抑え込み。手が元気だったらと思うけれども、怪我があったからこそこのタイミングで裂き織を始められたわけでして、今は無理しないように我慢しましょう。いずれ好きなだけ手を動かせる日が来ますから。

教室へ行く前にネットで見ていた「さをり織り」機もいいなぁと思いますがあれは10万円くらいするんですね。まずはこれでやってみて上達したら考えればよし。先生の所にさをり織り機も含めて織り機は色々あるから相談に乗ってもらえますし。

ちなみに私が通うのは藤枝市の裂き織りノエ。サバサバして元気があって細やかな配慮も忘れない先生で、教室の日程はありがたいことに融通が利きます。先生が自分で栽培(!)した綿を糸にして自然素材で染色して使っているんですよ。すごいですね。
前回私がやった「手ぶらでコースター作り」は1日体験コースとして参加できるようですから、興味のある方はぜひ。

今日は立春。新しい何かが始まりそうな気がして、何となくワクワクしています。

関連記事