仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

古着のシャツでランチョンマット

2019/02/18
趣味の手作り

裂き織教室2回目はランチョンマット制作でした。今回は縦糸の張り方から教えてもらい、布から横糸も作りました。

やってみて思ったのは、織りの作業に入るまでの下準備にかなり手間暇がかかるんだなということ。織り自体はもっと手間暇かかりますが。ただ、こういう手間暇こそが最も大切なところなんじゃないかとも思います。
古着で横糸を作る

青のボーダーが傷んだ所を避けてワイシャツから作った横糸。これで穴の開いた夫の服が生活に使用可能な布として蘇ります。当て布をして穴をふさいでも耐久性は劣ったまま。それが、糸として織ることにより実用に耐える強度を復活できます。私が裂き織に惹かれたのはそういう部分です。

シャツ1枚ではランチョンマット2枚分にちょっと足りないという事で、模様を入れた織りを教えてもらうこともあり、先生から布を分けてもらいました。麻布も初めて織りに使ったのだけど、「綿が使いやすい」と言われた意味が麻を使ってみて理解できました。確かに綿の方が織りやすい!

あとは柄の出方なんですが問題はそこでして…。今回、チェック柄にすべく織っていくも、どうにもピンとこない。配列のセンス無し。見栄えに関するセンスも無し。多彩な糸を使って美しく収めたチェック柄を見るとひれ伏したくなります。

でもね、センスはトレーニング次第で磨かれると人生の先輩が言うのだから信じてトライしていきます。ランチョンマットは次の教室で完成予定です。

関連記事