仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

チラシ入れを作ってみた

2019/02/22
SHOPのあれこれ

少し先にはなりますが、友人の主催するイベントに小地蔵さんとこまりちゃんを展示することを考えています。その時には簡単なチラシも置こうと、チラシ入れを作りました。チラシを入れない時は看板立にもなります。
チラシ立て正面

材料は、家にあった大井川ひのきの端材、タンスの間仕切り板、ネジ、両面テープ、ボンド、Seriaで買ったプラバン0.4mm厚。プラバンは絵を描いてトースターに入れると縮んでアクセサリーが作れるものだとかで、透明な自立する板を探していて見つけました。
チラシ立て後ろ側

背後の支えは、角度と大きさの合う端材があったのでそれを使用。本当は、間仕切り板同士を直角に組めば立ちますから支えとして使えると思ったのですが、今回の場合は奥行きがないせいで中がつっかかりました。なので木材に変更。

プラバンは向かって右側が少し低くしてあります。この方が取り出しやすいかと思って。ざっと作った割にはしっかりした物ができました。明日、その友人のイベントが焼津市小川のあんしんリフォーム展示場でありますので、持って行って見てもらおうと思っています。

ところで、やっと指先の痛みが引いてきてこの程度の作業ができるようになりました。腱鞘炎の痛みもだいぶ治まってきています。まだ腱鞘の腫れはありますが、ここで無理に使わなければ来月には彫刻刀が使えるかもしれません。いや、正確には今でも多少は使えるのです。ただ使おうとすると指先をかばって変な持ち方になり腱鞘炎を悪化させるから控えている状況。

だから指先の痛みが消えるまでガマンします。もうちょっとですね。

関連記事