仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

裂き織ランチョンマット完成

2019/03/12
趣味の手仕事

こういう柄って、本当にセンスが出るんですよ…。織りながら頭を抱えた私でした。辛子色と紺のチェックに至っては、危うく鬼太郎のちゃんちゃんこになるところで。危ない危ない;;
裂き織りランチョンマット

悪くはない。けどピンとも来ない。そんな風に感じます。

養護施設の方が織ったさをり織り(布でなく糸で織った自由な織物)のチェック柄コースターをもらったことがあって、それがとてもきれいなのです。頭でなく心で織るのでしょうね。その感性の鮮やかさと美しさにため息が出ました。私のはかなり頭で計算してます…。

そういえば、結局自分の布はほとんど使わず先生からいただいた布ばかり使っていました。さて次はマフラー。先生が植物で染めたシルクの布を使います。何てぜいたく!とてもきれいな色で、見るだけでうっとりします(布を見るのが好き)。このまま使いたいくらい。植物でこんな華やかなオレンジに染まるなんて。隣の黄色は優しい和の色合いです。
オレンジに染めた古布

シルクは着物の裏地などを解いたものですが、古い着物は布がしっかりしていてきちんと裏地が付いていて、今の物より豊かさを感じるのだそうです。それに加えて手染めですからね。我ながら良い教室を見つけたなと思います。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能