仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

たとえ神仏の求めであろうとも

2019/04/05
小地蔵さん

以前から広報部隊を連れ出して皆さんに見てなでてもらっているわけですが、時々こんな言葉をかけていただけます。「私、この子に呼ばれてる」「前に見てからずっと気になってた」「この子が目に浮かぶ」…その「この子」がこれ。
うちの広報部隊小地蔵さんたもとに節の跡が残ってしまい販売する商品とはせずに残留しました。友人たちの夢や瞑想にも時々出没すると聞いてます。私の代わりに会いに行ってる?

さて、見えないものと話せる人や感覚の敏感な人には何かが伝わるのでしょう。そしてその方たちは必ずこう悩みます。「仏さまが呼んでいるのだから買うべきでは」。心優しい素直な方々なのだと思います。

で、そんな時はこう返します。「心が決まるまで待って、次の機会までちょっと様子を見てはどうでしょう」。

お金儲けがしたいなら買うように勧めますよ。「一期一会」なんて言葉で追い詰めれば焦って買う人もいるでしょうよ(ひでーな)。

でも天先案内人の活動目的はそこじゃない。私がこの「活動」(あえて仕事とは言わず)を続けているのはこれを持つ人の幸せを願うからです。そして私の考える幸せの第一条件とは、自分の人生を自分の意思で生きること。自分で悩んで決断して腹をくくって何かを選び(=それ以外は捨てて)進むこと。どんな小さな事でも。結果に関わらず。

たとえ仏が「私を手元に置きなさい」と言おうが、自分自身がそれをしたいと思わないならやる必要はありません。「したい・やりたい」と思ったらそうすればいいのです。

他者の「こうするのがベスト」という言葉にそのまま従うのは自分の人生を生きているとは言えないでしょう?自分で決めてこそ、自分の人生です。神が何を言おうが、仏が何を言おうが、親や世間や国家が何を言おうが、自分の人生は自分で決める。やるもやらぬも、どの選択肢を選ぶかも。自分で決めていいんです。自分の人生だから。

あとは、自分で決めたらその結果も自分で受け入れる覚悟を決めるだけ。他人のせいにはできないですから。自由と自立はセットです。私もそこに向かって進んでいるつもり。

あ、人生には自分で選べない物事もたくさんありますけど、それは今できる事だけを精一杯やってあとは天に任せるのみ。選べないことを「選べなかった」と悩むのはやめて、今選べることを自分で選びましょう。

話を小地蔵さんに戻すと、人間って本当に欲しいものは他人が止めても手に入れますよね。どうしても買いたい物は他人に意見を聞きませんて。悩むという事はどうしても欲しい・必要ではない可能性が高いと私は思います。

もっとも、どんな経緯・状況であろうがそれに関わらず仏さまは変わりなく寄り添ってくれます。手元に来たならそれが縁。何を選択しようとも分け隔てなく、より良い生き方へのサポートをしてくれることでしょう。

心の底から欲しいと感じたらぜひ買ってくださいね。小地蔵さんを介したやり取りが「私はどうしたい?」と自分の心に向き合うきっかけになれば幸いです。

関連記事