仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

電動彫刻刀の替え刃

2019/05/22
習作

以前から使っているリョービの電動彫刻刀、ここにきて大活躍です。

リョービの電動彫刻刀で光背粗彫り

やっと光背を彫れる

お仲間がオートマックの電動彫刻刀を使っていて、刃幅の広い相透が彫りやすいと教えてくれました。私が持っているリョービ製品と同じチャックなら買いたいと思ったのですが残念ながら互換性は無し。でもどれだけ楽に粗彫りできるかは試させてもらって実感しました。

で、見つけましたよ。リョービ製と互換性ある替え刃を。プロクソン製の替え刃はチャックの形状が同じで使えます。いやー、うれしい。オートマック製は高機能・多機能でとても魅力的だけど金額が一桁違うんで、さすがに買うのをためらいまして。

ちなみに大きな違いはモーター性能だそうです。ノンストップで使えるのがオートマック。15分以上連続して使うと焼けちゃいそうなのがリョービ。刃の材質も違います。オートマックは値段が高いなりの高品質です。

ま、それはいいとして。あんまり使いやすかったので浅丸14mmも追加注文しちゃいました。手の力が衰えてきた方、力を入れられない方、電動彫刻刀(幅の広い刃)はおすすめですよ。ルーター(リューター)を買って削ってもみましたが全く足りないというか。買うならルーターより電動彫刻刀です。刃は砥げば長く使えます。

替え刃のみならメール便で送ってもらえる店があって1000円程度で購入できました。ありがたや。


尚、電動彫刻刀を使う時は左手に耐刃手袋が安全です。もし刃が当たったら大ケガしますのできちんと保護してください。私が使っているのはファルフィットという商品です。


以上、7ヶ月ぶりの仏像彫刻に興奮冷めやらぬ私でした。うれしさのあまり、手を使い過ぎないよう気を付けます。

関連記事