仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

ヒノキの家になれなくても

2019/06/13
小地蔵さん

やっと少しずつ、減っていた小地蔵さんたちの補充に向けて作業を始めました。といっても本当に亀のような歩みですけど。なんせまだ3日に1回数時間ずつしか彫れないので。

久々に小地蔵さんを作りながら改めて思います。ヒノキの家になれなかった端材たち、仏になれたらうれしいよね?

青梅と制作途中の小地蔵さん

季節もの

以前、平等院のミュージアムで見た古い仏像。一般的に仏像にはサイズや配置の決まり事がありますがその仏像は元の木の形に合わせて作られたため、ちょっと歪んでいたりしました。倒れたご神木の形に合わせて作ったのだそうです。私はそれを見てとてもいいなぁと思いました。美しいと定められた形に合わなくても物を大切にする心やご神木に対する畏敬の念が感じられて。

今の時代は木材もぜいたくに使えますがかつては貴重だったはずで、外観にこだわらず使っていたのではないでしょうか。使われた木の種類も様々で、本当に「自然である」とはこういうことなのかなと思います。

木目のきれいに詰まった木材は、それはそれで素晴らしい。観賞するための仏像にはそういう物を使えばより価値が高まるでしょう。でも私の作品のような、なでたり持ち運んだりして「使う」物なら、木が喜ぶことの方が重要な気がするのです。だから端材の端材もできるだけ何かに使ってあげたいと心掛けています。

できるだけ多くの木片を仏にしてあげたい。ヒノキの家になれなくて薪ストーブで燃やされるはずだった木片たちが、待っています。ゆっくり、焦らず、作っていきましょう。

関連記事