仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

裂き織り教室の作品展

2019/06/19
趣味の手作り

だいぶ先になりますが来年2月に裂き織りの工房で作品展が開催されます。何と、展示直売コーナーもあるんだって!私は始めたばかりなので覚えるだけで必死ですけど、販売作品も1点ずつ出すことになっているのでこれから作っていく予定です。売れるレベルの物が作れるまでに上達できるのか?

ちなみに先生の作品はminneでも販売してます。染めはもちろんのこと、綿も栽培してたりして(すごいね)。

私は、今はマフラーを織っています。色の入れ方とか思うところは色々あれどこれが今の精一杯。見て「かっこいい」「きれい」と思う物を自分で作れるかは別問題と思い知る…。緑の糸は質が違うため歪んでますけど洗って整えたら多分問題なくなるはず。
裂き織りストール制作中

ありがたいことに、作品展には仏さんも展示していいよと言っていただきました。6地蔵とこまりちゃん辺りを置かせてもらおうかなと思ってます。

仏像彫刻の集まりは男性が多く、10人いても静かです。裂き織りの教室は逆で女性ばかり。和やかにおしゃべりしながら進みます。雰囲気は違いますが私はどちらも好きだし楽しいと感じます。

女性ばかりの集まりって、難しいんですよね。女だけだと「愚痴」「他人の悪口・噂話」「勢力争い」が出やすくて、趣味の内容自体は面白いのに集まりが苦痛、と趣味をギブアップした友人が複数います(趣味の内容は様々なれど全て女性ばかりの集まり)。でも私の通っている裂き織り講座はそういうのが無くて気持ちよく過ごせる空間です。きっと先生の鷲野さんのお人柄なんでしょう。

講座の日時も融通していただけるし、独学では揃えられない道具や材料も提供してくれます。何より先生を筆頭に集まっている方々が魅力的。私は人に恵まれてますね。今週は藍染め体験もあるんだっけ。
裂き織り ノエ

関連記事