仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

販売作品とサイトの棲み分け

2019/06/24
SHOPのあれこれ

間もなく米国のハンドメイド販売サイトEtsyで販売を開始する予定です。何をどう出すか悩んで、現在利用しているオンラインショップとCreemaについても方向性を決めました。

オンラインショップでは、粗彫りをすませたものを、注文・支払い完了後に完成させるセミオーダーメイド方式にしようと思います。これなら多少の変更は容易に利きますし、その人のために作れます。その分、発送までの日数がかかりますけど。
青梅と制作途中の小地蔵さん

Creemaは今までと同じく完成品の販売。支払い完了後にすぐ発送できます。
小地蔵さんとこまりちゃん新作座布団に乗って

Etsyでは台座一体型の持ち運びできるものを携帯用ポーチ(兼敷物)付きで販売します。仏さまには台座や敷くものが必要(直に足を付けさせては失礼)、という認識を説明する語学力もないから一体型で。
携帯型小地蔵さん

Etsyがちっとも販売準備完了しないのは、キャンセルポリシーやら送料設定やらが面倒くさくて進まないことと、その間にも新しい案が出てきてそれを盛り込むために写真を撮り直しているから。いかん、これじゃあいつまで経っても販売開始できない…そろそろ何とかしようと思ってます。

CreemaとEtsyは販売手数料がかかりますから本当はその分上乗せした金額で売るべきなんでしょうけども、なかなかそうも思い切れず、セミオーダーメイド品と完成品との違いで分けることにしました。実際に始まる時にはまた違ってきているかもしれませんがこんな感じで進めております。

関連記事