仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

理想と現実

2019/08/05
趣味の手仕事

自分用に織った裂き織りのマフラーを見ていて気付きました。「こんな風に織りたい」と思い頑張って織った部分より、数段織っては「違うことしたい」とあれこれやって落ち着かない織りになっていた部分の方が面白く感じ、心惹かれることに。

前者は理想。一緒に織っている方の作品を見て「こう在りたい」と目指したもの。途中で何かしたくなってもグッとこらえてできる限り規則的なパターンを揃えました。それでもちょっと不規則入ってますけど。自分的には目一杯規則的。

もじり織りの入った裂き織りストール

自分としてはかなり規則的

でも現実の私は、ちょこちょこ気の向くままに色んな織りを混ぜ込んで不規則を作ろうとします。同じ事を繰り返すだけだとすぐ飽きる。不規則な中でもバランスが取れていれば美しいと感じるから全体的なバランスは気にしますが。

もじり織りの入った裂き織りストール

思うように織った不規則な部分

理想目指して頑張ってみたら、元のやり方が自分には合っているし心弾むと思い知った瞬間でした。それはすごくいい、でも私のやり方じゃない。そういえばこの認識をここ1年でずいぶん意識しました。やってみて初めて分かることなんですね。

私はきっと、前述の方の人柄や在り方も併せて「いいなぁ」と思うのでしょう。織り方だけの問題じゃないね。そもそも裂き織りに挑戦したのは、頭で考えるのではなく感じるままに手を動かしてみるためでした。だから頑張るのもこらえるのもその目的には合ってない。

これからは思う存分、好き勝手に織ろう(笑い)。

仏像は顔など左右対称を基本として作ります。人間が作るからもちろん左右非対称になるわけですがそこを、道具を使ってきちんと図り、対称に近くなるほど美しく見えます。裂き織りは全く違う視点を持って作れます。どちらもそれぞれに面白い。私の中である意味、バランスが取れるのかも。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能