仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

学校の夢が示すもの

2019/09/17
雑記

西陣美術織の展示見てきました。裂き織り初心者の私には何をどうするとこうなるのかさっぱり分かりませんでしたが、仏像を描いた織りもあって、すごい技術だということだけはよく分かりました。洗練された高度な技術を着物から洋装主体となった今、いかにして継承していくかを積極的に模索する姿勢に、応援したくなりました。

さて、夢の話に戻り、最後は学校の夢。20代の後半からずっと学校の夢を見ています。これは先述のハムスターの夢(その1その2)より更に、長期に渡る謎でした。

大抵は、苦手な科目で試験にパスしないと、あるいは興味のない授業を受けて単位を取らなければ卒業できないと悩む内容。学校や科目はその時々で違えど、やりたくないけど我慢して終わらせないと次へ抜けられないと苦悶するものです。テストから解放されて20年以上たつのに未だ数学に悩まされるとは…;;

ハムスターの夢の謎が解け、次に学校の夢も謎が解けました。

これも言葉に表すのは難しいのだけど、端的に言えば学校とそのカリキュラムは自分自身の思い込みや縛りの象徴でした。「〇〇しなければ××できない」「~ければいけない」といった、自分を縛る思考。

現実の私は、学校は別に嫌いじゃないけど組織やカリキュラムや無意味な規則に縛られるのがものすごく嫌でした。定期的に通わなくてはいけないという状況自体、苦手。だから塾とか習い事も通うのが嫌。学校は友達や部活仲間がいるから行くってだけ。勤め人に向かないタイプです。

そもそも、学校は卒業しなければいかんの?ってところです。そんなに嫌なら、必要ないなら、止めりゃいいじゃん。何で修了することにこだわるの?夢から覚めた私は頭の中でそう思うのですが夢の中の私は行動を変えません。

ハムの謎が解け、海外販売に向けて地味に進んでいた(でもちょっと停滞していた)ある日、また学校の夢を見ました。今度は今までと違い、夢の中で級友にこう言われました。
「どうするの?今までと同じに戻すの?確かに元のままにする方が楽だよね。それとも本気で変えるの?」
Etsyで販売開始した携帯型小地蔵さんポーチ付き

それは授業をどうするかの場面だったと思うのですが夢の中で私は「そういうことか」と納得しました。

目覚めてから、こう感じたのです。何も変えずに今までと同じ道を起伏なく進むか(リスクは増えない代わりに何も得ない)、恐々でも新しい事をドキドキしながら始めるか(たとえ失敗したとしても大きな経験を得る)、腹をくくれということだなと。

自分を縛る思考に陥ると学校の夢を見るのでしょう。夢は潜在意識が現れる場。自分の深い意識がメッセージを送ってくる場でもあると思います。時にはペットからのメッセージもあるかもね。

関連記事