仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

菩薩と如来 装飾の有る無し

2019/09/27
仏像彫刻周辺の話

同好会でもたまにそんな話が出たりするし、前に何かでも読みました。

修行を終え仏となった如来はもはや己を飾る物は必要ない。従って如来は装飾無し。他方、まだ修行の最中である菩薩は人と同じように装飾品を身に付けている(持物とは別の話です)。

菩薩の代表が地蔵さんや観音さんで、彼らは首飾りやら宝冠やらを身に付けています。人であった頃の名残なのでしょうか?対して、如来の代表である阿弥陀さんは確かに衣だけで飾りはありません。大日如来だけは例外とのこと。なぜ例外なのかは…各自調べてください。

白毫の入った瑠璃観音

首飾りと宝冠 瑠璃観音

大日如来

首飾りと宝冠 大日如来

仏さまって、元々は人間なんですよね。日本でも海外でも神は生まれながらにして神であって人は(基本的には)神にはなれない。菅原道真のような例外もありますけど。でも、仏には修業すればなれる、と認識しています。そこが仏教の救いなのかもしれません。

自らの修行を中断してまで衆生を救いにやってきてくれる菩薩は、如来とはまた違う魅力があるのでしょう。

関連記事