仏像制作を中心に作(創)ることを綴ります

富士教室へ突撃(笑い)&菩薩半跏像粗彫りから小造りへ

2020/04/02
仏像彫刻周辺の話

富士市永源寺を会場としている富士教室へ初めてお邪魔しました。

富士教室の方達とは以前から交流もあり、静岡教室と掛け持ちしているメンバーもいるため、まるで前からいたような図々しさで(恐縮です)楽しく彫る時間を過ごしました。本当に、富士の方達も気持ちの良い方ばかりです。ありがとうございました。

おかげで中宮寺菩薩半跏像は少し進みました。

中宮寺菩薩半跏像 粗彫りから小造りへ

わずかに首を傾げています

仏像彫刻を習い始めてもう9年目となるのに、自分一人では彫り進められない現実にちょっと衝撃を感じました。自分で考える、というより自分で「ここをこれだけ取る」「ここを残す」と決断することができないんだな。まだ恐々と前に進む状態で、先生に決めてもらわないと失敗しそうで怖い。

失敗したからといって人生に何の支障もないのにね。

まあ、本格的な仏像はまだ5体目だから決定的に経験不足なのは確か。今回なんて顔を作るのは2年ぶりで、すっかり忘れちゃってます。仏頭から練習し直さないと?なんて思うほど。年数は経ってるけど数はこなしてない、のんびりな私です。

関連記事