仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

平刀の研ぎ

2020/12/09
仏像彫刻周辺の話

先日、平刀はまっすぐ砥げると書きましたが実は正しくないです。はい、平刀も端が丸くなってます。

特に細い刀は接地面積が小さいのでちょっとしたことで左右に動いてしまいます。左右に丸まって相透っぽくなってます。同じ角度に固定しているつもりでも砥ぎ機の振動にぶれているというわけです。平刀の刃先

それと、平刀をいくつか並べてみるとはっきりわかるのですけども、どれも左右を比べると左が長いです。これがひどくなると印刀になってしまいます。砥ぐときに真横でなく少し斜めになっているのが私の癖で、右側に力が偏っているんですね。

しばらくの間、砥ぐときは気を付けましょう。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能