仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

光栄な使われ方

2020/12/18
販売作品

友人がSmile Maker(小地蔵さん脱力型)を予約してくれました。縁のあった動物たちのお骨をまとめて埋葬する時、その道案内に小地蔵さんを付けてあげたい、と。小地蔵さん脱力型試作2号と3号

すごーく光栄に思います。その友人にとってその動物たちは何よりも大切な存在。その大事なコ達を任せようと思ってもらえたのですから。

可愛い置物を作っているのであれば作品が埋められてしまう事を厭うかもしれません。ですが私は、人の役に立つ「使える」仏さまを作っているつもりです。だからその意義を理解してくれてそれを発揮できる使い方をしてくれるのが本当にうれしいのです。友人の心に小地蔵さんが寄り添えるのは心の底から幸せな事。

在宅でお母さんの看取りを決めた別の友人も、以前に購入してくれて、毎日活用しているようです。そしてお母さんを見送る時には小地蔵さんを持たせてやるのだと言ってくれました。その時もとてもとても光栄に感じました。

亡きお父さんの元へ行くお母さんに、お父さんの好きだったお地蔵さんを付けてあげる。素敵でしょ。それまで小地蔵さんには、友人の心のケアを主要業務として頑張ってもらいましょう。母娘2体の小地蔵さん 表情が違う

私が天先案内人の活動を有料としたのは、友人知人より広い範囲に提供したかったからです。小地蔵さん・こまりちゃんには人を癒し救う力があると思えるから、できるだけ遠くまで届けたい。

自分の周りで静かに小ぢんまりやるのも好きなんですが、今の形であれば私の事を知らない人も小地蔵さんを手にすることができます。英語ページを作っているのは日本だけでなく世界のお役に立ちたいから。いずれ英語の世界は誰かが助けてくれるだろうと思いつつ。

友人たちのおかげで原点をしっかり確認し、これからを設定することができました。ありがとう。

きっと新しい春は輝きを増してやってきます。その時、最高にファンキーなSmile Makerが作れますように。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能