仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

亡き犬からのご注文

2021/02/08
販売作品

友人宅の犬2匹のうちの1匹が、年末に急逝したそうです。12月中旬に話した時はそんな様子も無く「このコも年取ったよー」と笑っていたのに。ゆずと同年代だから確かに老犬ですけど、予想もしていなかっただけに、衝撃は大きかったことでしょう。

それでその時、その友人がSmile Makerを予約してくれていたのです。春になったら今までのペットたちのお骨を埋葬するから小地蔵さんを道案内に付けてやりたい、と。何となく私は立春から作り始めるのが良い気がして先日、友人に伺いを立ててみたところ、そんな話を聞いた次第。

まさかこのコも一緒に収めることになるとは思わなかったと友人はつぶやいていました。

作り始めてから思いました。これは亡くなった犬があらかじめオーダー出してたんじゃないかなって。もちろん注文したのもお金を払うのも友人なのですが

SmileMaker 錫杖+宝珠

ほっぺのむにゅっと感が最高

このタイミングで、しかも普通の小地蔵さんではなく笑いを引き出すSmile Makerを渡すことができるのは、奇跡のような気がするのですよ。友人の愉しい性格から考えてもSmile Makerはぴったりなのです。

先月購入してくださったペットロスから脱け出そうとしている方のご注文も、あれも亡くなった犬からの注文だったのかもしれないなぁと今更ながら思いました。

笑って少し心がほぐれるとその奥に押し込めていた感情があふれ出ることがあります。それはいつまで押し込めていても消えることのない感情です。泣いてもわめいても大丈夫な空間を確保したら一度全部外へ出してやって(布団を思い切り叩くと感情の吐き出しに効果があるそうです)、それが存在することを確認し、存在を認め許してやることでやがて消えていきます。それをサポートするのがSmile Maker。

注文時、自由記入欄にコメントを入れてくださる方も結構いらっしゃって、私はうれしく拝見しています。

今まで亡きお子さんや連れ添い、ご両親やペットのことなどコメントでいただきましたが、その方達は亡くなった方が導いてくれているのだと改めて思いました。大切な誰かを思いながらの注文は、その誰かからのものと認識してこれからは更に精進いたしましょう。

コメントしてくださった心の痛みに対して特にやり取りなどはしませんが(踏み込みませんからご安心を)、ひとり静かに、その痛みがより大きな愛へと速やかに循環していくことを祈ります。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能