仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

畑のその後

2021/06/16
雑記

父が亡くなったときに相続した1枚の畑。それが去年実家の管理を終えて戻ってきたことは以前書きました

月1回行くのがせいぜいなため、最大の問題は雑草対策です。放置すればあっという間に雑草の森ができあがります。草刈りと除草剤散布をシルバーさんなどに頼む方法もありますが年間10万円くらいかかるのと、薬剤を使って水を汚したくないのと、土をむき出しにすると乾燥して土が舞うのとで、草刈りせずに維持するための試行錯誤の最中です。

去年、土地の半分にはナギナタガヤを蒔き、もう半分には麦類(大麦・小麦・ライムギ・燕麦など)を蒔いてみました。

ナギナタガヤの方がいいかなと思いました。ところどころ背の高い草は生えてきますがカヤが地面を覆っている感じです。草取りゼロにはできないけど抑草効果は大きいです。今のところ雑草対策としては合格

麦類は、そのものが雑草に見えてしまって、しかもかなり他の雑草が繁茂して、失敗でした。こっちの区画は手に負えないビジュアルです。

ただどちらも、地面に種をばら撒いただけだと芽の出る効率が悪いのです。鳥に食べられたのかもしれませんが、地面をほぐして蒔いた後に土をかけないとうまく茂りません(それをするとすごく茂ります)。

私には機械もないし手作業ではとてもできない広さなので何もせず蒔いたため、特にナギナタガヤはかなり厚く蒔く結果となりました。種の袋に書かれた量だと畑半分で種1kgあれば十分すぎるはずが、倍量蒔いてます(2回に分けて)。

でもね、ナギナタガヤが風に揺れる様子はとてもきれいでしたよ。これが見たかったー。6月に入ると枯れて倒伏して地面を覆い来年の種もこぼれます。夏を超えたらどうなるか今後見ていきます。雨葉ネットと60リットルタンク

水を確保するため、集水ネットとタンクを置きました。これは雨葉ネットというもので、水源のない場所で雨水を溜めて使うことができます。上手く溜まるかは次に行くまで分かりませんね。

バナナ他の様子はまた次に。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タキイ種苗 緑肥 芝草 種子 ナギナタガヤ(日本在来)
価格:5090円(税込、送料無料) (2021/6/16時点)

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能