仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

コロナワクチン2回目終わりました

2021/09/27
雑記

エラい目に遭いました(笑)。

1回目から微熱が出てかなり体調が悪くなったので今回は十分用心しておりましたが、熱は38度5分を超え、起き上がるのがやっとで何もできない程の体調不良となりまして。腰痛と相まって叔父(父の弟)の通夜・葬儀も欠席する羽目に。

もう3回目は絶対に打たないと心に誓いました。ただ、何もできないから(諦めて)何もしない、という時間は心のリフレッシュにもなりましたが。

ホメオパシーを使っている人は、ワクチン接種後にArsenicumを試してみてください。Ars.はワクチンだけでなく実際に感染した場合でも助けになると思われます。

また、高熱が出て関節が痛かったり痙攣したりしたらGelsemiumペンギン 震える。同じ高熱でも顔が紅潮していたり目が潤んでいたらBelladonnaですペンギン 紅潮

Gel.はコロナワクチンに限らずインフルエンザその他で高熱+関節痛or体が震える、の時に合います。うちの嬢ちゃんは病院へ行くと恐怖のあまりガタガタ震えてしまうのですが、病院の前後にGel.を食べさせておくとだいぶ違います。ガクブルにもGel.。

あとは、私は熱が出るとき喉が腫れて咳が出るので喉にはIgnatiaが効きます。

最初はホメオパシージャパンのコロナ対策レメディを摂っていたのですが、今回の自分の状態にはあまり合わず。Thuj.とStaph.も今一つ。Ars.とGel.にたどり着くまではだいぶきつい思いをしました。

解熱剤があるなら、それが効くなら使えばいいんですけどね。うちには無いので。

西洋医薬もホメオパシーも苦痛を和らげるための「手段」ですから、あまり難しいことは考えずに、何なら両方使えばいいんじゃないかと思います。

医療に頼れないハムスターを飼ってきた経験から言えば、使えるものは全部使う。西洋医学でも東洋医学でも代替医療でも民間療法でも神でも仏でも、何でも。デメリットは他の手段で補う。そしてどれも平等に見るよう心掛ける。人間だから比重が違っても当然ですけど、何かに偏り過ぎると逆に不調和になりますからご用心。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能