仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

中宮寺菩薩半跏像 やっと仕上げ作業進行

2021/11/29
習作

そろそろ丸2年になりますか。3年目に入る前に本体くらいは仕上げ終わりたいものです。

…と思って前作 瑠璃観音の記事を見たら2019年10月には完成しておりました。ということは、既に丸2年を過ぎて3年目に入っているということですな。相変わらず、のんびりです。中宮寺菩薩半跏像 頭部仕上げ

現在、本体の仕上げ作業に入っています。頭部を終えて胴体辺りをきれいにしているところ。顔と腕では彫った面の滑らかさが違うの、分かりますか?写真をクリックすると拡大できる写真になりますから興味ある方はどうぞ。中宮寺菩薩半跏像 頭部と腕の表面

腕や足が白っぽく見えるのは、木口の堅い部分であることと、切れない刀で彫ったことによります。

仕上げに使おうとした9mmの平刀が切れなくてねー。切れない彫刻刀で彫ると、木口でなくても彫った面が白っぽくなります。

刀をうまく砥げていなかったようです。SBS教室に砥ぎ機はないため、こういう時は他の大きさの平刀でとりあえず彫っておきます。まあ、よくあることです。

そして、仕上げは速やかに済ませたいものです。なぜかというと、いつまでも触っていると新たな汚れが付くから。きれいな手袋をしていても長くいじっていれば付くんです。表面を薄くそぐ仕上げは一度で終えたいですから。

年内に本体仕上げを終えたいなぁ。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能