仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

大切な者からの愛を受け取る

2022/02/14
魂の表現

毎朝、アファメーションを書いています。最近はアファメーションだけでなく感謝を述べたり希望を記したりする雑記になってますが。

ゆずの旅立ちに際して、沢山の人から愛と思いやりをいただきました。それに対してひとつずつ感謝しました。友人知人、SNSフォロワーさん、家族、親族、地域の人、そしてゆず自身にも。

それから、「私を愛してくれてありがとう」とゆずを思いながらお礼を書きました。その瞬間、ゆずの笑顔が鮮やかに浮かび、ゆずから同じ言葉が返ってきました。

私は確かに、ゆずからの感謝と愛を受け取りました。心が震えたから気のせいではなく、あれは私にとっての真実です。イメージ クリスマスツリー

これ、試してみてください。

  1. まずは自分が他者から受け取った物事をひとつずつ思い浮かべて、ありがとうと感謝する。小さなことでも何でもいいので全部全部感謝する。日の光にでも「おはよう」の挨拶でも何でも(これはある意味準備運動的だけど一番重要かも)。
  2. 大切な誰かに対して、「私を愛してくれてありがとう」と声に出す。または手書きする。思うだけだと弱いから体を使うこと。
  3. その大切な誰かから同じものが返ってきます。感じなくても、届いているのだと思えばいいです。今は気付かないかもしれないけど、いつかそれを感じられる日が来ます。

与えたものが返ってくる。自分の放ったものが自分に戻ってくる。それが良いものであっても悪いものであっても区別なく平等に。それをまざまざと実感した出来事でした。本当に欲しいものは他者へ与えるというのはそういうことか、と腑に落ちました。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能