仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

幸せを感じるとき

2022/11/24
魂の表現

天先案内人の活動を通じて、小仏さまを迎えてくださった方々がその人の「幸せ」を生きている姿を目にした時、しみじみと幸せを感じます。※何が「幸せ」かは本人が決めることです

ユーザーさんのその後を追跡しているわけではありませんし、良い悪いの意識をそこに向けているわけでもありませんよ。ただ、インスタなどでコメントくださったときに誰か分かる場合は、拝見します。

それでユーザーさんが幸せを生きているのを見ると、心の底から幸せになります。人の幸せは私の幸せ。イメージ 富士と海

もちろんこれは、私が私自身の幸せを生きているということが大前提です。自分は辛いままでいいから大切な誰かが幸せなら私も幸せ、というのは逃避ですから。

逆に、苦痛の中で生きている人を見ると耐え難い苦痛を感じます。他者のエネルギーを吸収する体質ですので、幸せも苦痛も吸収して同調します。だから自分の取り扱い注意事項として、プライベートにおいてはネガティブな生き方をしている人に極力近寄らないと決めています。仕事においては自分を中立に保つよう整える努力をしています。

仕事においては中立が保てても、プライベートで関わる人というのは距離が近すぎてその人の感情に巻き込まれてしまうんです。母がまさに「不幸」を生きる後半生だったため、母と関わるのは本当に大変でした。

購入された方々とやり取りして感じるのは、今は苦しくても「ここを抜ける」「幸せに生きる」「自分は変わるんだ」と決めた方は、悲しみを抱えていてもどこか軽やかだということ。そういう方は小仏さまや他の何かをきっかけにして、変わっていきます。その姿に私は美しさと幸せを感じます。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能